2008年12月29日

お勧めの面接対策本

戦略コンサルティング・ファームの面接試験―難関突破のための傾向と対策
マーク・コゼンティーノ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 851


戦略コンサルティングファームを受ける方には勿論参考になる本だと思いますし、それ以外の方にもお勧めの面接対策本です。

著者は長年、ハーバードビジネススクールで就職課に勤務、学生へのケースインタビュー対策を施してきた方。
ケースインタビュー対策本は他にも出ていますが、中でもこの本をお勧めするのは、
・面接の中で面接官は何を見ているか
・ケースインタビューの実例の豊富さ
・かつ、上記での答えの良いポイント・悪いポイントを記載していること

からです。

コンサルタントという仕事を受ける方はまず目を通すべきと思いますし、ほかに「論理的思考力」「問題解決力」を必要とする仕事、と求人に書いてある仕事を受ける方にも、『それらのスキル・能力はどういうことを指すのか、それを面接でどう見抜くのか』を知りたい方にも参考になります。

またそれだけでなく、第1章「面接プロセス」と第2章の中の「面接官をうんざりさせないために」の項は(ケースインタビューではない)普通の面接を受ける方にも参考になります。


<<補足>>
ほかにケースインタビュー対策本としては以下のようなものがありますので、時間がある方はそちらもご覧になってみてください。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
posted by sumie at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

こんな人を採用したい

一生ものの仕事の習慣
小山 政彦
PHP研究所
売り上げランキング: 1431


昨日の記事でもご紹介しました船井総研の社長の小山さんが書いた本です。
書いてあることは社会人としての基本がずらり。
「継続的で濃密な努力」とか「すぐやる、工夫する」とか「人の話は心で聴く」とか、おそらく大抵の人が当たり前のことじゃないか、と思うことばかりが書いてあります。

しかし、これらすべてがしっかりと実行できている人であれば、どんな会社・職場でもすごく仕事ができる人だとも言えると思います。

実際にこんな人が面接に現れたら、ぜひ採用したいですね。


【今月末まで】キャリアアップ応援キャンペーンの詳細はこちら
posted by sumie at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デパート社員が日本一のアナウンサーになった話

ひとりで生きている人はいません。
だから、必ず「話す」ことから離れられません。
考えてみれば、物心ついたときから(もしくはその前から)ずっと話し続けているにもかかわらず、それだけ時間をかけても話が上手!とはならないわけです。

今度「話術!虎の穴」という本を出された三橋さんは、もともと百貨店の社員さんだったのがアナウンサーに転じられ、いまは楽天イーグルスの中継も担当されています。

その本のamazonキャンペーンが明日18日に行なわれます

いきなりトークがうまくなるわけではありません。
まず基本。でもそもそもその「基本」って何よ、という方はお読みになってください。


ちなみに・・・ホンモノの三橋アナウンサーは、上のURLに出てくる写真よりイケメンです。



【いよいよ今月末まで】キャリアアップ応援キャンペーンの詳細はこちら
posted by sumie at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

プロに選ばれ続けるプロの話

またここで説明するまでもなく、私は大のスポーツ(観戦)好きです。
なにしろ愛読書はいまだに大野さんの「全力投球」。そして阪神タイガースの話をしたら止まらない。お会いした方の卒業校がなにかスポーツ(野球だけでなく、駅伝とかサッカーとか)で有名な学校であればそれだけで親近感が湧いてしまったり。

そしてそれは選手だけでなく、裏方の方への興味にもつながっています。
そのひとつがここにも書いた白木先生の本でした。

そしてこのたび、私の知人である久永陽介さんが本を出しました。
久永さんは体操競技における日本オリンピック委員会強化スタッフ・トレーナーであり、起業家でもあります。

どんなものでも選ばれ続けることはすごいものですが、プロに選ばれ続けるプロはさらにすごいものだと思います。

その久永さんの著書「成功し続ける起業家はここが違う」のamazonキャンペーンが明日9日、行われます。
ご興味のある方はこちらをご覧ください。
http://www.bookcampaign.com/hisanaga/
posted by sumie at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

読み終わった本が途上国への寄付金になる話

アジア、アフリカ、南アメリカの開発途上国への支援として、学校や図書室などの建設や寄付をすすめる団体「ルーム・トゥ・リード」。

先日、ここのお話をうかがってきたのですが、私がまったく知らなかったのが、ブックオフに本を売ると、それが寄付金としてルーム・トゥ・リードに届けられるということです

さらに、実はその寄付金に10%を加えた額をブックオフが追加で寄付をする仕組みにもなっています。

もし、たくさんの読まなくなった本があり、かといって捨てる気にもなれず・・・と思う方がいらっしゃいましたら、この寄付プログラムを利用してみてはいかがでしょうか。30冊以上から受けてくださるそうです。
posted by sumie at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

この本一冊で心理学のエッセンスを学ぶ

世界の心理学50の名著 エッセンスを学ぶ
T・バトラー=ボードン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 90483



たまたま入った書店で見つけた本。
心理学に関する本50冊の概略とこの本の著者のコメントによって構成されています。

人と人とのつながりにおいて、あるいは生きていくうえで、なぜそのような行動を起こすのか/起こしてしまうのか、科学的に解明していこうとすることは、古今東西、これほどの切り口があり、かつこれほど多くの書物があるということを、あらためて知り、ページを繰る毎にわくわくしながら読みました。

私のような仕事の方であれば、間違いなく興味を持つと思います。

それだけでなく、人との関わりに興味があり、「ちょっと心理学をかじってみたいな」と思う方(かじるにしては厚い本ですが)にもお勧めです。

posted by sumie at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

シックス・アパート日本法人設立5周年パーティー

昨日開かれたシックス・アパートさんの5周年パーティーに参加してまいりました。

明治記念館で盛大に開催されました。
さすがブログ界をリードされるシックス・アパートさん!
もともと300人の予定人数であったかと思いますが、そのとおりの賑わいを感じました。

懐かしいお顔もちらほらあって、ブログやインターネットにわくわくし始めた頃を思い出し、居心地の良さを感じたひとときでした。さらに、あんな方にお会いできるとは!という出会いもありました。

そして、シックス・アパート様、5周年おめでとうございました。
なにしろ会社のサイトはMTで作られていて、毎日毎日お世話になっているものです。
さらに、こんなところでもお世話になっております。
いろいろとありがとうございます。

弊社は3周年経ったところですが、5周年にはあのような盛大な会が開催できるように・・・なれたらいいなぁ・・・と思います。
posted by sumie at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カカトコリ大交流会

文章コンサルタントの堀内さんのメルマガで知り、面白そう、と訪れたカカトコリ交流会。

はじめて参加したのですが、いや、実に濃い集まりでした。
人同士のつながりが濃いのです。

その濃さは、
・同じ目的や志をもつ人たちが多くいること
・それを率いるリーダーが熱心なこと
・それに共感して周囲の人も動くこと
からくるものと感じました。

セミナーの内容は本を出版してamazonで1位をとって年収を上げよう!といったものでしたが、そうでない人、たとえば私のような会社を経営する人、あるいは営業マンなどにも十分有効な、役に立つ内容であったと思います。

それにしても、普段なにげなく見ていたamazonのランキングの裏側に、こんなにセールスやマーケティングの濃縮があったとは知りませんでした。。


<<以下のキャンペーンは終了しました>>

その会の幹事をされた鳥居祐一さん(『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』の著者)が1年ぶりに新刊
『スピード・ブランディング〜普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる』
をダイヤモンド社より出版され、本書には書けなかった出版の裏話が収録された音声ファイルがもらえるアマゾンキャンペーンが、本日12月3日(水)に行われます。
キャンペーンの詳細はこちらです:
http://www.yuichitorii.com/amazon3/
posted by sumie at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

津田塾大学ホームカミングデー

10月12日は母校・津田塾大学のホームカミングデーでした。

当日は、これは毎年開催されているのですが、卒業20周年の同窓会があり、私はその1学年下でオブザーバー参加ができるということでお邪魔してまいりました。

そこで私が4年のときのゼミの先生だった藤田先生にばったり!

「先生覚えていらっしゃらないだろうなぁ・・・」と思いつつ、ご挨拶。やはり話題は優秀な卒業生のDeNA南場社長の話題になり(南場さんは津田塾英文学科卒)。

「南場さんは大変優秀で、英語Dを免除されたんですよ」

・・・藤田先生、私は試験で免除される制度があったことすら記憶にございません。

「あれは海外で数年暮らしていた人でもパスするのが難しいんですけどね・・・優秀でしたからね、南場さんは」

という具合に、優秀な学生は何年経っても記憶に残っているという証明でございました。

posted by sumie at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

逆にふれることに注意

転職の理由として、現職での業績不振が原因となることがあります。
それ自体は、今や珍しいことではありません。
しかし、ご本人にとっては非常にショックな出来事ですし、できればもう二度と経験したくないことです。

でも、気をつけていただきたいのです。

というのも、それほど強い体験をすると、自己防衛反応が働き、極端に逆にふれることが起こりえます。自然な反応ですから致し方ないのですし、危険を予測するのも大事なことですが、そこまで反応しなくても良いのではないかと思うことも、この状態のときには起きます。

本当に自分が大事にしている価値観
やりたいと思っている仕事内容
心地よいと思う環境・・・

それらを冷静になって見つめなおし、転職先を検討してください。
posted by sumie at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。