2006年10月30日

科目未履修問題

全国の高校で、一部の科目が未履修であったことが大問題になっているわけですが、自分の田舎ではどうなんだろう?と思い、地元新聞サイトを読んでみると・・・なんともすごいことになっていました。

対象となる生徒は県立延べ四千百四十人、私立延べ六百人。合わせて十七校四千七百四十人に上った。
県立高のほとんどで、二科目重複して未履修や履修不足だった生徒がおり、最大で百時間を超える補習が必要なケースもあるとみられる。
(福井新聞から)

で、このあとに何々高校で何人・・・とずらずら出てくるわけですが、我が母校の名もしっかり掲載されていました。私のときってどうだったんでしょう? そもそも学習指導要領の中身なんて生徒は知らないですものね。確か私の頃は、大学に提出する内申書を生徒(もしくは親)が見ることが出来る出来ないだけでも大騒ぎだったように記憶しています。先生がまだ権力を持っていた頃だったんだなぁ・・・。

今や、私の同級生世代は教師としては中堅クラス。大変だろうなぁ。。。
posted by sumie at 05:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

北陸新幹線起工式

悲願32年だそうです。32年って・・・よく待ちましたよね。
東京から乗り換えなしは嬉しいけれど、東海道新幹線の風景を見る楽しみはなくなるわけですねえ。
けっこう静岡の茶畑とか、富士山とか、あとそれ以外の沿線の風景がどう変わっていくかとか、たのしみだったんですけど。
posted by sumie at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

福井駅・・・

以前のエントリに書いたように、福井駅が高架化されました(4月18日)。

そもそもこの高架化事業は、北陸新幹線着工につながっていくもので、予定では6月4日に北陸新幹線福井駅部の起工式が行なわれます。※福井駅関連の記事はこちら

しかし・・・。
高架化を祝うイベントが終わった翌日に、例の尼崎の事故が起きているのです。
ほんとうに着工されるんだろうか、北陸新幹線。。。
どうなるんだろう、福井駅。。。
(個人的には新幹線でなくてもかまわないんですけどね。)
posted by sumie at 22:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

帰省していました

この土日、福井におりました。
帰るたびに思うのですが、福井駅前、寂れていきますねぇ・・・はぁ(溜息)。
仮にも県庁所在地でしょうが、とか思うのですが、大型SCなど郊外に出来てそちらが発展していくのに、どんどん駅前から勢いがなくなっている。
でも、聞くところによると、地方都市って福井に限らず同じような現象があるとか。

ところで、ついに福井駅の高架事業が出来上がることになりまして、完成お披露目まであと43日なんだそうです。
これ、北陸新幹線が出来ることを前提につくっているわけですが・・・ほんとうにできるのでしょうか、新幹線。いや、できたとして採算あうんでしょうか。。。

福井に帰らないと決めている私が心配することではないですか、そうですよね。すみません。
posted by sumie at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

それなりにふるさとを懐かしんでみましょう!

鳥谷選手ファンの敬華さんのブログで見つけた面白いモノ!
(元ネタはにわか日ハムファンのブログbyルパート・ジョーンズさん)

全国方言変換道場

たとえば・・・
ほりえもんは「こんなくだらない質問をするんだったら帰りますよ」と啖呵をきっていたけれど、そこで怒って帰ったらほりえもんのイメージが悪くなるのだから、そこでおどおどしちゃだめだよ、小栗さん。

を変換すると、

福井弁:
ほりえもんは「ほんなくだらない質問をするんやったんやざ、ら帰るんやざ、よ」と啖呵をきっていたけれど、ほんでぇ怒って帰ったらほりえもんのイメージが悪くなるのだからの、ほんでぇおどおどしちゃだちかんだよ、小栗さん。

・・・うーん、ちょっと語尾がいまいち?

山形弁:
ほりえもんは「こっだなくだらねえ質問ばするんだっけのなら帰るがらなよ」と啖呵ばきっつたっけけれど、ほんでよ怒って帰ったらほりえもんのイメージが悪くなるのんんだげどもら、ほんでよおどおどしちゃだめだべ、小栗さま。

・・・なんて感じです。
けっこう楽しめます。
posted by sumie at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

私が福井を離れた理由

クリスマスのイルミネーション、そこに流れる音。
とても美しくて一瞬、仕事で移動の最中ということを忘れるくらいのときもあります。

それでふと思い出しました。

私が福井を離れた理由。
細かいことはたくさんあるのですが、
暗い街がいやだったのです。
つまりは寂しがりだからということなんです。
福井は・・・今もそれほど大きくは変わらないと思いますが、夜遅くまでやっているお店がなく、暗くて静かな街になるのです。それはいやだったんです。
こんなに夜が静かな寂しい街で暮らすのは、働くのはいやだな、と。

だから東京でなくても良かったのです。
夜、私が仕事から帰ってきても、灯りがともっている街が私を迎えてくれるなら。
街の光が「おかえり」と言ってくれるなら。

さてさて、男性諸氏と話していると、「やっぱり結婚したら奥さんが働いていてもいいけど、やっぱり僕が帰るときには家にいてほしいな。帰ってきたら灯りがともっていてほしいな」と言われることがあります。・・・そんなとき思います。「ねえ、それは私も一緒なのよ。私だって暗い家には帰りたくない。男性だけがそういうのは、不公平だよねえ」と。

もはや福井にいる時間を超えてしまった現在、福井を出たことは後悔していない。

そうだそうだ、そんなことがモチベーションになっていたりするんだよね、と思い返したひとときでした。
posted by sumie at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

福井弁と韓国語

キャリアとはなーーーんにも関係ない、ふるさとネタ。
いま日本の公共放送で冬ソナ関連番組を流しているので、「あーまたかー」と思いつつ、やっぱり感じる「韓国語のイントネーションって福井弁と似てるよねぇ」という思い。
きっと同じように感じている人いるよねえ。と思ってぐぐってみると、やっぱりありました。

高橋愛にチェ・ジウのものまねさせるのも面白い気がする。

ふくいドットコムより
なんて、福井弁を知っている人が聞いたら妙に納得するし。

ということで、「福井弁」「韓国語」でぐぐって第1位の『25歳独身女 飲んだくれ日記』さんにトラバさせていただきました。
posted by sumie at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

苦情をビジネスにする

福井商工会議所が開催した「苦情・クレーム博覧会」
先日テレビでもとりあげられていた、わがふるさとながら面白い取り組み。

苦情をもっているユーザー(消費者)がWEBに「こんなことで困っている」と投稿する。そうすると、それを見た企業が面白いと思えばその投稿に対して投票する。
企業は、どんなクレームがあるかを見るために最初に1050円を支払う。
そのうち500円が投票権となっている仕組み。

これで生まれた商品もある。
(リンク先の地図の番号を押すと見ることが出来ます)

商売のネタ、卵は意外と身近なところからあるものだし、それを利用している人の「困った」を解決できるかどうかで、それがほかの企業との「差」「価値」となる。

でもほんと、福井商工会議所、がんばったねえ。
posted by sumie at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

川崎和男さんのこと

川崎和男さん。
私の故郷、福井の大先輩。

名古屋市立大学でのご活躍ぶりはこちらのサイトを見ていただきたいのですが、20代で事故にあいそれ以来車椅子生活となり、以後、心臓病までかかえ、もうそんなに生きることなんて出来ないと医者に言われたりもしました。

でも、かっこいい車椅子だったり、人工臓器だったり(人工心臓のデザインで医学博士を取得)、「おおっ」と思うようなデザインを手がけているのです。

そんな川崎さんが、札幌市立大学の学長に内定し、しかも辞退されていた

知らなかった。。。

ちなみに札幌市立大学は、平成18年春の開学を目指している大学で、実践的専門職業人の育成をめざし、「デザイン系学部」「看護系学部」を擁してスタートすることになっているようです。

それならまさに川崎さんの手腕が発揮できるでしょうに。

これからもまだまだ何を仕掛けてくるかわからない方ですし、彼が学長であれば先駆的な大学としての存在が注目されたでありましょう。残念です。
posted by sumie at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。