2005年09月19日

池上さんのメルマガ1000号記念仮装パーティー

昨晩は池上さんの発行するメルマガ「MRI」の発行1000号記念で、広尾のお店で仮装パーティーがあり、参加させてもらいました。

池上さんの新撰組、川越さんのキレンジャー、お店はシックなのになぜか違和感なく(?)すてきでしたよ。

意外にもといいましょうか、MRの方だけではなく、いろんな業界の方がいらしていて、楽しく盛り上がったパーティーでした。阪本塾つながりなのに今まで面識のなかった方とお話ができたと思ったら、なんと卒業したのが同じ大学の同じ学科で、専攻まで同じで一学年差!という出会いがあったのにも驚きました。

池上さん、どうもありがとうございました。
posted by sumie at 09:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

新しいことに触れる

なんと気づいたら1週間もブログを更新していないではないですか。我ながらびっくり。

今月末でいまの会社を退職するので、日々いろんな方にお会いし、新しいことに触れ、それがなかなかブログには表現できないことでもあったりするので・・・と、これは言い訳ですが。

それにしても新しいこと・ものに触れる刺激というのは大事ですね。
阪本啓一さんも著書のなかで毎月なにか新しいことをしよう、それで知的刺激を得られる、とおっしゃっていますが、新しい刺激をうけると、脳の、いままで使っていなかった部分が使われていくような感覚をうけます。

リーダーシップの教科書

それを自分で消化するだけでなく、アウトプットに変化させていきたいものです。
posted by sumie at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

ブログ開設1周年

1年前の8月15日にブログを始めたのでした。
やってみればなんとか続くものです。
1周年を機に、コンテンツももう少し手を加えてみようかなと思案中です。
posted by sumie at 14:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

夢を追いかける限り、夢は終わらない

夢を追いかける時間が宝物であり、追いかけ続ける限り夢は終わらない。
多くの人は、夢に不安を覚えるため、夢をあきらめ、反って日常を危険なものにする。
全てのものには、予兆があって、心の声がそれを教えてくれる。

とある企業の社長からお聞きしたお話です。「アルケミスト」という小説で主人公の羊飼いの少年がそんなことを学んでいくのだそうです。

なにより今の私を勇気付けてくれる言葉で、あまりに嬉しかったのでここに留めておきます。

アルケミスト―夢を旅した少年
パウロ コエーリョ Paulo Coelho 山川 紘矢 山川 亜希子
角川書店 (1997/02)
posted by sumie at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

いろんな人に会う

今週はいろんな方と食事に行った週でした。

水曜日:ママさん編集者のぶらぶら日記のgowestさんとランチ。
gowestさん記事にしていただいてありがとうございました。
木曜日:仕事がらみでお付き合いのある方と。
金曜日:てくてくにっきのブリュレさんと。
今日はご飯じゃなくてお茶でしたが、また別の方と。

来週もいろんな予定が入っています。

===

それにしても、水・木・金と続けて女性だったのは珍しいことで、私としてはちょっと嬉しいことでした。30代も後半だと、段々働く同性の友人が少なくなってきて、自然と異性の知り合いの割合が増えてくるのですが、男性には男性の良さ、女性には女性の良さがあって、どちらも大事にしたいなぁと思うものです。
posted by sumie at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

新しい人とのコミュニケーション

なんて大層なタイトルつけましたが。。。

普段やりとりしていない人、以前、名刺交換を一度だけしたくらいの関係の人と、あるきっかけで頻繁に連絡をとるようになった。しかもそれはおちゃらけな話ではなく、ある程度あらたまったやりとりをすることになったとしたら。

私がまさにそのような状態にあるわけですが、「今まで同じ情報を共有していない人に、わかりやすくお願いごとをする」とか「わかりやすく伝達する」というのは、けっこう難しいものだと感じました。

こっちは当たり前だと思っていることでも、あえてそれを疑ってみるとか、依頼文を書いたら、一回深呼吸してから読み直してみるとか、要は、「私はこの情報を今はまだまったく知らない」ふりをしてみて、それでもわかる文章になっているか、と思うことが大事ですね。

で・・・

せっかくですからこの話、キャリアコンサルタント的に展開しますと、これは「職務経歴書」を書くときにも言えることなのですね。

社内では常識であっても、あるいは業界内では常識であっても、それ以外の人にはさっぱり通じない言葉を使っていないか、あるいは描写が不足していないか。冗長なのはいけませんが、伝わらないのもいけません。相手はあなたのことをまったく知らないわけですから。

・まったくその会社/業界のことを知らない人にもわかりやすいか
・内輪でしか通じない言葉を使っていないか
・具体的な仕事のイメージがある程度は伝わるか

提出前に、もう一度読み直してみる必要がありますね。
posted by sumie at 07:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

愛される記憶

ちいさい頃に、親からたっぷりの愛情を注がれたかどうか、というのは結構重要だとあらためて感じます。心理学では十分研究されているテーマだと思いますが、私の日頃の仕事のなかで、「ひょっとして、この方はご両親に厳しく育てられたのではないか」と想像したりすることもあります。

以前書いた「自己評価が低い」というのも、このあたりが原因になっているケースもあります。

だから、今、お子さんを育てていらっしゃる方は、どうか、お子さんを毎日愛してください。「思い出」として残っていなくても、愛された記憶というのは心の奥深くに残るものだと思います。

愛情を受けた人は、他人に愛情を返しているとも、私は思います。

・・・ということを考えた今日でした。


※受けた愛情が少ない人が他人に愛情を注げないと言っているわけではありません。悪しからず。
posted by sumie at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

スワンベーカリーに

swan.jpg
クロネコヤマトの小倉さんが亡くなられ、今更なんだけど、スワンカフェ&ベーカリーに行ってきました。
(スワンベーカリーは、障がい者の雇用・自立支援を目的につくられています。)
けっこう近いよね、と思って行ったのですが、この蒸し暑いなかではちと遠い・・・。

スワンベーカリーのパンは、タカキベーカリーから冷凍パン生地を提供してもらい、凍った生地をお店で解凍、二次発酵させたあと、焼き上げることにより、店での工程を減らし、全国どこのお店でも一定の質のパンを提供している、という仕組みです。

実際食べてみて、何の違和感もなかったです。おいしかったです。
それと一緒に頼んだスチームミルクがすごくおいしかったですね。非常に丁寧に入れているのが伝わります。

想定していたのより遠いのが難点ですが、また行ってみようと思っています。


スワンカフェ&ベーカリー 赤坂店
東京都港区赤坂1−2−2 日本財団ビル
TEL 03-6229-5533
営業時間 月曜〜金曜 7:45-20:00

そのほかのお店などの情報は http://www.swanbakery.co.jp
posted by sumie at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

病院経営に関する勉強会に参加してきました

今日は、Eビジネス研のスタッフミーティングに参加したあと、以前にも一度参加したことのあるMBA(メディカル ブレイン アソシエイト)交流会に行ってきました。

きょうは、「DPCがMRに与える影響」という内容の講演。
DPCとは、Diagnosis Procedure Combinationの略で、入院患者さんの「疾病名」と「入院中の主要な医療手技の組み合わせ」によって区分するための手法で、ここのページ(PDFファイルです)にあるような区分をするのです。

で、ちょっと乱暴に説明すると、全国の病院のうち、このDPCの算定評価作りに協力しますよ、という病院の、実際の入院にかかった日数のデータを予めとり、疾病ごとに「平均だと何日入院しているか」、この50パーセンタイルにあたるところをDPCの基準値としておきます(これは厚生労働省の仕事)。それより短い25パーセンタイルに相当する日数で退院できれば、15%増の点数を、病院は請求できる、というシステムです。たとえば平均値では10日の入院日数で、3000点を請求できるとすると、4日間の入院日数で済めば、3450点請求できる。

だから、DPCを採用している病院には、「患者さんの入院日数を短くしよう」というインセンティブが働くわけです。

なんでこんな仕組みができたかというと、日本では病床数が増えすぎたので、減らそうと厚生労働省が決めていて、「入院日数が短くなる」→「ベッドが余る」→「減らす」というサイクルを作ろうとしています。そんなの単純に病院側がYesという仕組みではありませんから、「短い入院日数だったら点数が高くなり、逆なら低くなる」というものをつくったというわけ。

しかもこのDPCを使うと、病院側でコスト管理を厳しく行なうようになるために、たとえば今まで製薬会社のMRさんが提供したデータをもとに判断していたものが、自らのデータに重きを置き、場合によっては薬を変えたりすることも起き得るのですね。

でも正直、DPCを採りいれると忙しくなるのは事実なので、体力のある病院でなくては続かないんですね。だから、「うちはそうではなく、介護・療養型を志向する」として、従来型でいく病院もあります。

アメリカのドラマを見ていると、治療が終わったらさっさと退院させている様子が描かれていたりしますが(ERの見過ぎかもしれません)、DPCを採り入れる病院というのは、要は、こういった救急治療、急性期の医療中心であるということを意味しているのです。

・・・でもこれって患者は知っているのでしょうか?
DPCを採用している病院は、それを一般の案内に掲げていたりするようですが、WEBで調べてみる限りにおいては、それほど詳しく書いてはいないように思います。でも普通は知らないと思いますし、なにを意味するのか、なにが起き得るのか、知ることはとても大事だと思います。

・・・で。
上記、まったくの素人がまとめていますので、理解が正確でないおそれは十分にあります。実際にそのような病院を使う場合には、専門家に説明を求めてください。
posted by sumie at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

小倉昌男さん、死去

「宅急便」の創始者、小倉昌男さんが亡くなられました。
信書の扱いなどをめぐっての官との対立で、その精力的な活躍が知られていた方ですが、一方で、障害者の自立を目指し、「民間の共同作業所での月給1万円では障害者は自立できるはずがない」と、スワンベーカリー(パン屋さん)をつくり、月給10万円を実現するなど、福祉にも経営改革を持ち込んだ方でもあります。

奥様がカトリック信者であることから、ご自身もカトリック信者になった(元は救世軍)方でした。

ご冥福をお祈りします。
posted by sumie at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

ワーキングマザーのオープンオフに参加してきました

ワーキングマザースタイルのオフ会がありました。
・・・といっても私はワーキングマザーじゃないんですけど、らむねさんに「読者なので参加できますか?」と聞いてみたら快諾いただきまして、参加してきました。

会場は、会員制の「丸の内カフェ 倶楽部21号館」
入った瞬間、暗めの雰囲気がいかにも会員制・・・ということを感じさせるところ。でもお店の方はやさしく「青山さんの会ですか?」と声をかけてくださり、誘導してくださいました。

そして何より、集まった方々のパワフルなこと! すごい。こういった会に参加するような方だからかもしれませんが、物怖じしている雰囲気の人なんていないどころか、みんな「自分」がちゃんとあって、はっきりとものを言うし、明るくて素敵な方々ばかりでした。なーんだ、けっこう日本の未来って明るいんじゃないのと錯覚してしまうくらいの楽しい会でした。

らむねさん、皆さん、本当にありがとうございました。
またぜひ参加させてください。
posted by sumie at 00:56| Comment(3) | TrackBack(3) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

広い意味ってどういう意味?

今朝のニュースで耳にした言葉が、どうもひっかかっている。
「広い意味でのいじめに相当するものはあったかもしれない」って。

「広い意味での」いじめ「に相当するもの」はあった「かもしれない」・・・かぎかっこつきの言葉をとるとわかりやすいんですけど。広い意味でのいじめって何??? 校長先生がそんな表現を使って良いものなんでしょうか。いじめって、いじめた側がいじめたと思っていなくてもいじめられた側がそう思えば、いじめになるんじゃないでしょうか。なんだか「法律を侵さなければそれは正しいことである」と言われているような、すごく空しい気分になります。

高校時代というのは、自分が社会に出て行くこと、社会を構成する一員となること、さらにどのように関わっていくかということをより強く自覚する時期であると私は思うので、そこでの出会い、人とのかかわりは、だからこそあとあとまで影響しているように感じます。私が卒業した高校は、もちろん仲良しだけの集団ではなくて、衝突もあったけど、でもお互いを尊重するとかお互いを高めあうとか、そういった前向きな空気があったし、何より「人は自由である」ことを大切にしていた学校だったと思います。だからあの学校の出身であることを、今でも誇りにしています。

そしてそのような空気、カルチャーは、生徒たちだけで作るものではなく、教師も大いに関係しているのです。公立の学校でしたから、県内のよその学校から異動してきている教師がいても、なぜかそこに加わると、それを構成しようという意思が芽生える。買い被りすぎかもしれませんが、私はそう感じていました。

だから、かの高校に関していえば、生徒たちが勝手にいじめを行なっていただけでなく、それを許していた、あるいは助長していた教師たちがいたのではないかと推測します。それは悲しいことです。とても悲しいことです。
posted by sumie at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

最後まであきらめない

周囲からなんと思われようと、それまでの結果がどうあろうと、最後まであきらめない。
地道にチャンスを作り、チャンスをものにし、結果につなげていく。
とにかく最後までやり続ける。

やっぱりそれって大事なことだと、今日あらためて実感しました。

プロとは、その「最後まで」のこだわりとか、徹底できるかとか、そこに差が生まれるものなのでしょう。
posted by sumie at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

ここのところ忙しくて

忙しいときは、仕事で充実しているように感じるのですが、目の前を「こなす」ことに追われてしまうので要注意。

実を刈りとるだけでなく、種をまくことも大事にしなくては。次につながっていきません。

・・・以上、自分への戒め。
そういえばここ数日、本も読んでないし。
posted by sumie at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

いまさらながら

仕事において、コミュニケーションの量は大事だと思います。
お客様と会ったあとに、お礼のメールをだすとか、ちょっとしたことでも確認の連絡をいれるとか。社外だけでなく、社内でも。「きっとわかっているだろう」ではなくて、言葉にすること。

たいしたことではないのですが、GW明けで「仕事だ!」という空気が街全体に戻ってきたついでに、あらためて思った次第。

posted by sumie at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

MRさんの勉強会に参加しました

今月は勉強会とか交流会とか満載の月です。

昨日は会社の主催のセミナー・交流会で司会をしたあと、MRの方の勉強会(MBA=メディカルブレーンアソシエイト=交流会)に参加してきました。
これは以前阪本塾のパーティーでご一緒させてもらった池上さんが開いている会で、昨日は、(これも阪本塾つながりの)松尾順さんが「マーケティングと心理学」について講演をされました。
※ちなみにあのプレゼン方法は「高橋メソッド」でしたね。NDO:Weblogで読んでいたのに、私も名前がどうしても思い浮かびませんでした。。。

あらためて昨日の講演、思い返してみると、普段の仕事に生かせそうなネタがいっぱいでした。心理学を活かせば、クレームになりそうなことも楽しみに転換できたりするんですねー。

後半の交流会ではMRさんだけでなく、来年4月に就職する大学院の学生さんともご挨拶。胃がんの研究をしている医科歯科の院生さんとか、がんの薬の研究をしている理科大の院生さんとか。普段なかなかお話しできない方々なので、とても刺激になりました。

池上さんどうもありがとうございました。
posted by sumie at 13:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

梅田望夫さんにお会いしました

FPNの企画で梅田望夫さん(アメリカから帰国している貴重な期間!)の座談会に参加してまいりました。
内容は、





もうあれもこれもオフレコだらけで・・・書けません。
(というか、正確にどこからどこまでがオフレコなのかわからなくなってしまったんです。)

でも、さすが、はてなの取締役に就任された梅田さん、さりげなくはてなの良さをアピールしていらっしゃったので、その場のみんながはてなのファンになったのではないかと思います。私も実は非公開のはてなダイアリーやはてなアンテナのユーザーでもあったのですが、ブックマークはもっと利用しようと思いました。

それと・・・。

賛否両論あるとは思いますが、私は「仕事で自己実現」を図ろうとする日本は悪くないなぁと(もともとそう思っていますが)、昨日の座談会に参加しながらあらためて思いました。
posted by sumie at 07:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ふと思うこと

好きでこの仕事を選んだから、それで悩んでいるというわけではないのですが、走っている合間のふとした拍子に、それで良いんだろうか??? と、ふとギモンに思うことがあるんですね。

でも、田舎でのんびり暮らすのは、(それが数日でなくずっとというのは)耐えられないのもよくわかっています。

とはいえ、こんな考え方をしているのは疲れている証拠なので、少し休みをとったほうが良いのです。身体は正直ですから。身体と心が健康でなくては、仕事をしていてもはかどりませんし面白くありません。アクセル踏みすぎて壊れてしまわないように、「あれ?」と思ったら休息をとらなくては。

そろそろ沖縄かなー?
posted by sumie at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

春だし天気が良いし

外にでかけたい!  人に会いたい!
という気持ちがうずうずうずうずしまして、とにかく外で人に会うとかクライアント企業にお邪魔するアポとりに力がはいります。電話で用が済んでしまったりすると悲しくて。

やはり、「事件は会議室で起きているんじゃない」((C)踊る大捜査線)ように、人が仕事を探すとか企業が人を探すとか、っていうのはパソコンの画面のなかで起きているものではないのです。勘違いしがちなんですが。コンピュータ、WEBはあくまでツール。人と人が会わなくては。
それに私の仕事としても、それらのマッチングの「現場」を知るのは大事なこと。面接に同席したりすると、理解も思いいれも深くなるし、隠れたニーズも引き出せたりします。


でもですね。


出かけてばかりいると、オフィスで処理しなくてはならない仕事が、どんどん成長する雪だるまのように増えていっているんですね。(ああもうそんなに勝手に転がらなくていいからと言いたいくらい。)溜息ついても仕方ないので、大きく深呼吸して集中モードをつくってこなしていくのです。

それらはすべて、幸せな人をひとりでも増やすことのために。

頑張るぞー。
posted by sumie at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

願はくは・・・

「願はくは 花の下にて 春死なむ この如月の望月のころ」

そんな西行法師の歌が、これぞまさにと思わせるような桜吹雪の今日でした。
アークヒルズにお昼を買いにいったとき、あちらこちらから桜が惜しげもなく舞います。
桜の下にはもう若葉が芽吹いています。

ずっと愛でていたいのに、残酷なくらいに綺麗に散っていく桜。

そのようにして、また来年、きっと今年のように花を咲かせてくれるのでしょう。

最高の姿を見せて。
盛りが終われば未練をもたずに去っていく(いつまでも同じ地位に汲々としない)。
人間もかくあるべしと、桜を見るたびに思います。
posted by sumie at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。