2004年10月16日

審判がふがいないよ

いよいよ日本シリーズ第一戦。

しかしなぁ。
審判がいけてなかった。

ジャッジミスから始まって、一旦はスリーアウトチェンジの場面が一転、
ツーアウト二塁になって再開。
でも、審判がミスを認めないで状況だけ説明してなんとか再開させようと
したせいで、伊東監督を怒らせてしまっていた(とTVを見る限りは見てとれた)。
解説の田淵さんも「審判がミスを認めることですよ」と言っていたし。

審判は絶対だとしても、球場とTVの前のファンがずっと見ているのだから、
そこは忘れないでほしい。

こんな記事がありました。
posted by sumie at 23:54| Comment(1) | TrackBack(19) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一場くんは横浜か・・・

野崎社長、あきらめモードです。

残念だなぁ。
星野マジックとはいかなかったか。

でも、もう次に声をかける先は決まっているらしい。。。
posted by sumie at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

さようなら、八木選手。

予備日なので年間予約席と当日販売のチケットしかないのに48000人入った甲子園。
八木選手の引退試合が行われました。

順調に点を重ねて8対3で迎えた8回裏。
2番目の打者で八木選手登場。

球場全体が異様な盛り上がりを見せるなか、見事にライト前にヒットを放つ八木選手。

9回表でも、ファーストの守備につき、見事に3人をさばきました。

そうして引退試合で見事な勇姿をみせたのでした。

来年、ここぞという場面で八木選手がコールされなくて
初めて本当に引退してしまったのだなぁと感じることでしょう。

おつかれさまでした。


・・・それにしてもSkyA、中継してくれてありがとう!
ほんとうに良い試合だったよ!
posted by sumie at 22:19| Comment(6) | TrackBack(17) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

掛布、はしゃぎすぎだって。

監督要請に掛布氏「うれしい」

ていうか、はしゃぎまくってる。
「ミスタータイガース」なのに、ここまで「球団首脳」ポストに縁がなかったからねえ。
もう喜びが隠せないみたいで。。。

池田親興も入閣だって。

もうおもしろすぎて、笑わせてもらってます。
posted by sumie at 10:34| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月06日

井川おめでとう!

ノーヒットノーランを達成したのでした。

おめでとう、井川。
やっぱりそうでなくちゃ。

それにしても観客8000人というのはさびしいね。

イチローの場合は今か今かと期待して毎試合観客がはいるけど、
井川くんのノーヒットノーランはそういう期待の醸成はできないもんねえ。
残念でした。
タイガース公式サイトをみても、見逃したファンが多いらしいことがわかります。

・・・しかしやっぱり髪は切らないのか。
posted by sumie at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょう公開ヒアリング、そして・・・

ライブドア新監督にオマリー氏が有力候補

プロ野球への新規参入を目指すライブドアの監督候補に元大リーガーで阪神、ヤクルトで活躍したトーマス・オマリー氏(43)が挙がっていることが5日、分かった。運営会社ライブドアベースボールの中野正幾取締役が「有力候補の1人です」と明らかにした。

(NIKKEI NETより)

なんだそうだ。
きょうの公開ヒアリングではそこらへんも含めて話してくれるらしい。
オマリーかー。
実現したらちょっとたのしみ。
posted by sumie at 07:24| Comment(0) | TrackBack(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

イチローおめでとう!

イチロー、新記録樹立!
おめでとう!!
第2打席、観客席がみんな最初からスタンディングで、守備はやりづらかっただろうなぁ・・・しかも歓声がすごいし。。。
そのうち「I, CHI, RO! I, CHI, RO!」とコールし始めるし。。。
そのなかで、イチローはしっかりヒットを決めてくれました。
なんというか、すごい、としか表現のしようがありません。

塁にでたイチローを祝福するマリナーズの選手たちを見ていたら、
イチローの小ささに、つい我がタイガースの藤本や赤星を重ねてしまいました揺れるハート
サイズ比からいったら、たぶんそんな感じじゃないのかな。
頭をやたらなでられているイチロー、
「お前、ちっちゃいのに、よくやったなー!えらいぞー!」と
誉められているようなふうに見えるんですよね。

ともあれ、ほんとにおめでとうございます。
posted by sumie at 12:11| Comment(5) | TrackBack(37) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチロー王手!

イチロー、残り1本。

ここで本日(10月2日)全打席詳細をレポートしてくれます。

最終的に何本までいってくれるんでしょう。

あと、ついついメディアに懐疑的になってしまうのはよくないと思うんだけど、向こうの米国人はほんとうにみんなイチローを応援してくれているんでしょうか(そんなはずはないね)。

さてさて、イチロー関連本。

「1本のヒットがどれだけうれしいか」
という発言がやや優等生くささを残しているけど、
「キャッチボール ICHIRO meets you」(糸井重里さん対談本)
は、なかなか良かった。
普段ストイックにみえるイチローの野球少年っぽさが見えてくる対談です。
posted by sumie at 02:52| Comment(3) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月30日

今年も終わりだ・・・

ホークスタウンの高塚社長解任、「重大な法令違反」
阪神 数選手に戦力外通告へ
巨人V消滅…監督去就は本人次第

こんな話題がでると、ああ今年のプロ野球のシーズンも終わりに近づいてきたんだなぁ・・・としみじみ思いますね。
(高塚氏のは直接関係ないけど・・・)

けど、今年は近鉄・オリックス合併問題に端を発した一連の動きと、パ・リーグのプレーオフのおかげでこの時期まで盛り上がりましたね。

SHINJOもあいかわらず全開モードだし。。
新庄全快!プレーオフOK

もうこうなったら、日ハム、めざせ日本一!ですね。
posted by sumie at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月26日

三木谷さんの言動について

参考記事:
スポーツナビ 三木谷社長、地域密着型の球団に自信あり、楽天が新規参入の申請概要を発表
アサヒコム 楽天社長「会いたくない」 ライブドア社長の申し出拒否
デイリースポーツonline 楽天vsライブドア 初会談決裂
Sankei Web 新球団カラーに微妙な違い ライブドアと楽天の両社長

楽天の三木谷さんの言動、マスメディアで見聞きする限りにおいて、どうも解せない。
なにが解せない、って、楽天はBtoCのビジネスを多く手がけていて、一般消費者にどう映るかというのはすごく気にするはずの企業ではないかと思うのに、現時点で、「楽天がんばれ」という論調よりは「ライブドア負けるな」という意見のほうが多いと思うのだ。それは企業として気にならないはずはないと思うんだけど。

私はどちらの企業にも特段の思い入れがあるわけではない。
とにかくプロ野球が健全に機能してくれて、ファンとしてhappyであれば
どちらの企業であってもかまわないのだけど、
企業のあり方として考えたら、それにここのところのファンの動きが少なからず今回のNPBの歩み寄りを引き出したのではないかと考えていったら、どうしても「一般の人にどう映るか」は大事なのでは。

だからこそ三木谷さんはいろんなメディアの取材に応じていると思われるけど、実際の見え方としてはどうなのか・・・。
posted by sumie at 13:59| Comment(3) | TrackBack(9) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

古田さんおつかれさま。

NPBと選手会が合意書にサイン
週末のストは回避となりました。

まだ来年ほんとうにパが6球団になるかどうかはわからないけど、
それに向けての努力をするし、決して参入の阻害はしない、
審査も透明性を高めた形で行う、と
瀬戸山氏は会見で述べていました。

同時にその会見で
「今の形でバファローズを残すという願いはかなえられなかったけど
(中略)僕たちの近鉄への愛着は変わりません」と語った近鉄の磯部選手会長の
目はうるうるしていたし、声はふるえがちでしたね。

それにしてもえらい!古田会長!!おつかれさま!
今晩はいろんな取材対応があるだろうし、これからまだまだやることあると思うけど、これでまずはひとつ山を越えたね。
ていうか、交渉のあとに試合にかけつけて代打で出場してしっかりヒット。
すごすぎるよね。まったく。

しかーし。
今日の会見をライブで見ようと思っても既存地上波は対応できてなかったね。フジは瀬戸山の話が終わったところでCMに入るし、そのあと日テレもCM入るし、そうこう言っている間に7時近くになってしまって、結局私は続きをケーブルテレビで見てました。
いけてないなぁ、まったく。

それと滝鼻!なんだいったい。
昨日になって、セ、パ両リーグとも6球団ずつが理想、なんていいだして。
こんなにファンを敵に回すと思わなかったか、
週末の阪神戦がストになったらダメージ大きいと判断したか。

ともあれ、これからも変わらずプロ野球を楽しみたいものです。
posted by sumie at 22:35| Comment(9) | TrackBack(32) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月20日

さすが新庄!幻のホームラン

我らが新庄選手がやってくれました。
9回裏、2アウト満塁からレフトスタンドへのホームラン。
・・・が、幻のホームランになってしまいました。

新庄が一塁走者を追い越し(ていうか一塁走者の田中が新庄に抱きついて、そこでふたりで一回転してしまったんですよね)、シングルヒット(タイムリーヒット)になってしまったんですねー。それでもその前の走者の生還があったので、サヨナラ勝ち。やれやれ。

ところで、阪神時代の新庄の印象は、「お立ち台の可能性が見えてくると強い」というものでした。少なくとも、私はそう感じていました。

以前のエントリに書いた本のなかでも、同様のことが書かれていて(たとえばメジャーリーグで最初の打席でヒットを打つ運の強さ)、ああ、やっぱりそんなことを感じていたのは私だけではないんだーと思ったものでした。

で、そんなとき無茶苦茶うれしいはずなんですが、新庄は周囲をたてることも忘れない。

きょうのヒーローインタビューでも「ヒーローはみんなです!」と言って、北海道ファンを喜ばせてるんですね。また満面の笑顔つきで。

だから応援してしまうんだよねー。
日ハム、プレーオフに残るといいなー。
posted by sumie at 23:34| Comment(4) | TrackBack(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

本日午後3時、銀座で。古田会長も来る!

「みんな野球が好きなんだ」をテーマに9/19(日)に緊急開催します!

本日午後3時、銀座ヤマハホールに選手50人が集まります。
古田会長も来るらしい。
しかしお昼のニュースを見る限り、すでに整理券を配っている・・・
もう無理かな・・・
posted by sumie at 11:58| Comment(8) | TrackBack(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月18日

泣くな、古田会長!

先ほど、CXのすぽるとに古田会長が出演してました。
ストというのは、それを好んで選択したわけではないのがよくわかった場面でした。

ファンからの励ましのFAXが読まれているときに、古田会長の目がうるうるし始めて、声に詰まってしまって。
史上初のストライキを決めた、その選択はすごいと思うけれど、ファンのことを考えて、身を切られるようなつらさはあるんでしょうねえ。

確かに、この土日、プロ野球が見られないのはつまらないけど、とにかく今まで経営側がのほほんとしていられたところに一石を投じたのは間違いないし、必ずこれは健全な方向に進むと思う。

古田会長、応援しています。

posted by sumie at 01:34| Comment(5) | TrackBack(31) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月15日

慶、たのむよ・・・

井川くん・・・

なんでそこで同点スリーラン打たれるんだろ・・・

やっぱり梅本さんに寮長として戻ってきてもらわないとだめか??

あぁ、その前に井川くんはもう虎風荘を出たんだったね。。。

はぁ・・・
posted by sumie at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

鳥谷くん、よかったね!!

鳥谷くん、おめでとう!!
本日のヒーローインタビューは鳥谷選手。
初の猛打賞でした。

阪神タイガース公式サイトから抜粋。

「ずうっと1割台という形で、本当に情けない形だったので、もう『1厘でも多く、1本でも多く打ちたい』という気持ちで毎日試合しています」
「やっぱりグラウンドに立っている時間が長いというのは、やっている自分としても本当にすごい幸せを感じています」

ほんとにねえ、くさらずにここまで頑張ってよかったよねぇ。

なまじっか去年優勝してしまっているがために、そこそこベテラン選手が
残っているから、なかなかチャンスが訪れなくてつらかっただろうし
苦しかったと思うよ。

毎日毎日チャンスがあるレギュラーではなくて、
数少ない出場機会にしっかりと結果をださないと
次がないかもしれないという緊張感、プレッシャーのなかで
仕事をしていくことはたいへんだと思いますが、
だからこそ結果が出たときは周囲のみんなが間違いなく見ていますから。

ほんと、うれしいー!
posted by sumie at 20:57| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

やはり来た、星野SD。

星野さん、登場です。

デイリースポーツonlineから。
一場の後見人でもある別府元総監督が最も心配しているのは「プロ入り後に幸せになれるか」だった。金銭授受が明らかになり、プロ入り後に果たして野球に集中する環境が保たれるのか。だがその心配を星野SDは「面倒を見る」と払しょく。「もしウチに来てくれるなら先輩としてOBとしてアドバイスする」と力強く言い切った。

 これには在京志望の一場もさすがにぐらりときた。「(阪神に)来てくれたら面倒見ると言ってくれた。星野さんが来たのはこれから(の進路決定に)左右するものになる。頼りになる人ですから」。そして別府元総監督も「星野が面倒を見てくれることだし、(一場は)在京と思っているようだが、阪神に行って欲しい」と後押しした。

星野さん、やっぱり出てきましたね。
明治大学だからひょっとしたら星野さん登場するかも、
でも最近阪神の球団運営にはそんなにかかわらないようにしてるのかな、
とも思っていたら、そんなことはありませんでした。

普通に社会人としてこれからの進路を決めるときに、
自分のしたい仕事がはっきりしていて、
かつ、自分の尊敬できる人とか目標とできる人がいて、
その人が一緒な職場にいたり、近い存在で働けたりするとわかっていたら、
間違いなくそこを自分の働く場として選ぶ重要なポイントのひとつとなるでしょう。
そんなに簡単には、自分の尊敬する人と一緒に働く機会は得られないもの。

一場選手は、さてどう動くでしょうか。。。
posted by sumie at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古田会長、素敵です。

nikkansports.comから

古田会長の表情が、すべてを物語っていた。眉間にしわを寄せたまま、ニコリともしない。交渉は午前11時に始まり、午後4時19分に終了。11、12日のストは回避されたが、経営者側と合意に達したわけではなかった。会見後、隣の席にいた選手関係委員会委員長のロッテ瀬戸山代表から握手を求められると、首を振り、辞退した。「まだまだ何が起こるか分からないんでね」。会見中も、瀬戸山代表から「私たちの間には信頼関係がある」と同意を求められるように顔をのぞき込まれたが、うなづくことはなかった。

古田さん、かっこいい!
なにがかっこいいって、「とにかくこうだ」と意思を示し続ける姿勢。
もう最初は絶対にNツネ氏の意向にのっかって進んでいくんだという
流れが経営者側にあったのに、それにNOと言って、なぜそうなのか、を
発しつづけること。

プロ野球がつまらなくなってもいいのか。
ファンが離れていってもいいのか。
経営者さえ良ければいいというのは、納得いかない。

なあなあで済ませない姿勢はさすが。
posted by sumie at 16:00| Comment(0) | TrackBack(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月07日

プロ野球。いったいどこへ行くのか。

「野球の未来を創る会」が決起集会を開いたらしい

小学生の頃からずっとトラキチだった私は、
最近のプロ野球の動きがどうも気になる。
経営側も選手側もこんなにドロドロになってしまう前に
ほかに打つ手はなかったんだろうか・・・。

「創る会」にしても、なんというか、
ワールドカップのときのにわかサッカーファン
(というかその雰囲気を楽しみたいだけの人)の空気を、感じなくもない。

それでも、そこからプロ野球のことを好きになってくれる人がいれば
まだ良しとしたいのだけど。

結局終わってみたら、みんな興味を失っていた、なんて
ことになっていたりしないものか。。。

来年のプロ野球を、また楽しみたいなぁと、切に願います。


たとえ阪神がいじめられても、
中日の井端選手のように、それまであまり知らなかった選手が
活躍するのを見つけるのも、ひそかに楽しみなんです。
(今日の井端のスライディングも良かったよね〜)
posted by sumie at 22:37| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月04日

新庄、いいねぇ。

新庄に学ぶ「楽観」の哲学

新庄に学ぶ楽観の哲学

新庄、いいねえ。
自分が信じている限り、可能性はゼロにはならない、とか
これが悲壮感なく、楽しみながら思う道を進んでいる。

同僚のこともとても大事にするし。

「ノリ」で仕事をしている軽いやつ、みたいに思われがちだけど、
ハートのあたたかい、きわめて前向きなスポーツマン。
前から好きだったけど、この本読んでさらに好きになりました。
posted by sumie at 08:53| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。