2004年11月02日

良い指導者/メンターをもつこと

良い指導者/メンターに出会えるのは、人が職業人生を送るうえで大きく影響する。

こういうと、「だって上司って選べないじゃん」とか言う反論が聞こえてきそうなのだが、ちなみに私の指導者というかメンターは、同じ職場の人ではない。というか、同じ職場でないほうが、冷静で客観的なアドバイスを得られると思う。

なぜそういう存在が大きく影響するかというと・・・
・人は自分がいまやっていることが、最終目的に対してどの程度のところまできているかを知りたくてもなかなか理解できないもの。そもそも方向が間違ってない?とか不安に陥ったりするけど、それも正しいとかこっちだよとか示してくれる術もない。そんなときに役に立つ。
・迷ったり悩んだりの渦、ひとりでいるとどんどんはまりこんでしまうことがあるけど、それを解消してもらえる。
・自分が実現したいものに対しての、具体的・現実的なアドバイスが得られる。
ということかな。

もちろん、ほんとにこの人だと思えなければそんなに安易には信頼できないものでもあるけれど。

でもこの人だ、と思えれば、そしてその人が自分のことを十分理解してくれれば、自分のプロデューサーみたいな存在にもなり得る。

というわけで、そんな人を探すことを、私はお勧めします。


posted by sumie at 01:50| Comment(2) | TrackBack(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはです。どっかのプロ野球の監督にきかせたいような言葉で…わかっとるな、○○○!
Posted by ちゃれんじ at 2004年11月02日 11:04
ちゃれんじさん、コメントありがとうございます。
ジョージのことでもそうですが、不安は感じますね。。。
選手がいま自分がどこにいて、どこに進んだらいいのか、指し示すとか安心させるとか、すごく大事なことだと思うのですけど。
Posted by maximiliana at 2004年11月03日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

メンターの存在
Excerpt: 昨晩の飲み会にて私の内定先の同業他社に勤める人がぼそっと、 「不安とか悩みとかがあれば、やっぱり先輩に相談してみるのがいいね。同期に話していても前に進まないからねえ」 これまで色々と書いて..
Weblog: のほほんライフ
Tracked: 2004-12-07 01:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。