2005年09月10日

自信がもてなくても悩まなくていい

このブログを通じて本を購入された履歴を見ると、いちばん売れているのが
自己評価の心理学―なぜあの人は自分に自信があるのか
で、自分を好きになれないとか自信がもてないと悩んでいる人がいらっしゃるのだなぁと感じます。

でも、そんな方に自分を責める必要はないんだよ、と言っているような本があります。

いい言葉は、いい人生をつくる
いい言葉は、いい人生をつくる」。
先日、知人との待ち合わせで書店にいたときにたまたま見つけました。

前にも書いたように、自己評価は「低い」ことが問題なのではなくて、自己評価が低いのに高くありたいと思ったりすることが、自身をつらくするのです。そこから解放してあげましょう、というのにヒントがつまった本だと思います。

また自己評価が低いと感じていなくても、仕事で失敗して落ち込んでいるとか、毎日つらいことばっかりでいやだ・・・と悩んでいる人にも、「そんなに肩に力をいれなくていいよ」と語りかけているような本でもあります。
posted by sumie at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6782013
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。