2005年03月23日

友、この大事にすべきもの。

きょう訪問した某外資系消費財の会社は、いま、私がかつて在籍していた会社の元同僚が採用担当者となっていました。いやはやとってもひさしぶり。お互いを知っているから、腹のさぐりあいをすることもなく、ざっくばらんな話ができて、とても良い時間を過ごせました(ほんとにありがとう! かならず結果につながるようにしますね)。

それが終わったら即、別の場所に移動。上に書いた会社と業界的には近い外資系某社のHRマネージャーに面会。この方も、この会社に移られる前から存じ上げている方です。

社会人となって満16年になろうとしていて、私が在籍したのは決して規模の大きくない会社だったけれど、それでも数社経験すると、そこそこの数の知り合いが出来ているものです(もちろん社内の人脈だけではなくて、あちこち顔を出すほうなので社外の人脈もありますが)。決して私からなにか力になったとか役に立てたとかいうことはないと思うのだけど(むしろ迷惑かけたほうだと思うなーほんとに)、なにかあったときに助けてくれる、思い出してくれる、これほど有難いことはありません。

人はひとりで生きているのではない。みんなに支えられ、影響しあいながら生きているんだなぁと(我ながらクサイ言葉ですが)しみじみ思います。
私もみんなに恩返しできるようになりたいものです。そんなことをあらためて感じた一日でした。


posted by sumie at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。