2006年09月14日

【キャリアに効く読書】友野典男「行動経済学」

メルマガに掲載しているコラム「キャリアに効く読書」の最新版のご案内です。

◇◇友野典男「行動経済学」(光文社新書)◇◇

常々、景気を左右するのは政府や日銀の政策だけでなく、人々の感情ではないかと思っていたので、本書のタイトルを見たときには「ほらやっぱり!」と妙に納得したものです。
でも、標準的経済学では、誰がなんと言おうと冷静に判断する人を基準に構築されています。もちろんそのベースは大事なのですが、実際のところ、完璧に合理的には割り切れないのが人間です。

本書は理論も書かれた本ですので、そこにおいては多少難しくなるのですが、具体例が参考になります。

そして、ものの見方・考え方はひとつではない、ということがここから読み取れるのではないかと思います。
posted by sumie at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23721819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。