2006年09月09日

見た目の重要性

先日、都内某所にて取材を受けてきたのですが、「せっかく取材を受けるのだから」とそれらしくスーツを着て、化粧もして臨んだのです。で、そのときの写真が送られてきたのですが、それなりに映りが良くなっていて自分で驚いてしまいました(もちろん取材用のカメラだし光源がいいということでもあるのですが)。

外見は大事だなと実感した出来事でした。

で、そういえば、と思い出したことがあるのです。

私の仕事では、いろんな方にお会いします。
転職のご相談の方もいらっしゃれば、求人をお持ちの企業の担当者もいらっしゃいます。

普段、あまりその方がどのような格好でも、私個人はあまり気にしない性質(たち)なのですが、それでも、スーツがびしっときまっていて、靴も手入れしてあるのが分かると、思わずこちらが居ずまいを正す気持ちになるものです。

外見がすべてではないのですが、外見が良いと、印象を殊のほか良くするのは間違いありません。話の内容も信頼感を増して聞こえるのです。

面接での印象を良くしたいと思うなら、そんなところも注意するに越したことはありません。
posted by sumie at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。