2005年02月26日

働く気持ちに火をつける!!

私がこのブログでも意思だの志だの視点だの・・・と書いてきたことが、一冊の本でまとめあげられたといったらいいでしょうか。一読して、同意、というより、「やられた〜」と嫉妬まで感じた本。

斎藤 孝「働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!」

人は、お金のために働くのでもない、自分のために働くのでもない、キャリアアップのために働くのでもない。
人は、人から信頼されることや、期待されることが起爆剤となって働くのだ。
その働く気持ちを支えるのが「ミッション、パッション、ハイテンション」なのだと。

斎藤先生、細かいところで考えの違いはありましたが、でも大筋では「そのとおり!」だと思います。これから何度も読み返す本になりそうです。

人は、人とかかわっていくことで生きていくし、そこで「なにを感じるか」「なにを考えるか」「どう行動を起こすか」で次の一歩が変わり、それがさらに次の一歩、また次の一歩、と歩んでいく方向がその人を成していくのです。大事なのは、心です。
posted by sumie at 23:26| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2156381

この記事へのトラックバック

働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!
Excerpt: 働く気持ちに火をつける―ミッション、パッション、ハイテンション!キーワード:  齋藤孝、仕事、やる気、受難、パッション大学教授で多くの著作のある齋藤氏の本。仕事でやる気を出すにはどうすればよいかが書..
Weblog: Type5w4のBook Diary
Tracked: 2006-12-29 20:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。