2006年07月17日

実社会にでるあなたへ送る10のアドバイス

原文は“Ten 'Real World' Tips For New Graduates”から。

1.反抗的な態度をとらない。
 これは解説するまでもないですね。

2.よく聞きなさい。
 まず聞く。自分のわからないことだらけのはずですから。

3.仲間と仲良くしなさい。
 同じレベルで仕事を始めた仲間は、あとあとあなたの力になると。
 
4.賢くみせようとしたりかわいくみせようとしたりはしないこと。
 もし本当に賢いのであれば、それは敢えてそう見せようとしなくてもみんなはわかっているはず。
 
5.自分の間違いを認めなさい。
 まず、「すみません、失敗しました」と認めること。

6.分からないことは聞きなさい。
 分からないままに仕事を進めてミスをしてからやり直すよりも、聞いたほうが結局は仕事が早く進みます。

7.自信がある/能力があるように見せなさい。
 口答えするのではなく、できないことをできると言うのでもなく、冷静に判断できる/仕事ができるような態度をとりなさい、と。

8.自分が心地よいと思う状態から離れなさい。
 その状態でいると、必要以上にその仕事から離れられず、自分の成長も見込めません。

9.その場にあった服装をしなさい。
 学校にいるのでもなければ、飲みに来ているのでもありません。仕事をする場所としてふさわしい服を考えなさい。

10.あなたのいちばんの味方はあなただということを知りなさい。
 自分を大切にすることができなくて、どうして他人を敬えるでしょう?

・・・と、こう書いてみると、確かに新社会人に向けての言葉ではあるのですが、社会人となって何年も経ていても、あらためて自分にこれらのことが守られているか、と問い直す必要がある言葉であるように感じます。

とくに最後の"The No.1 person who will look out for you is you."は良い言葉ですね。これは、まだ自分の仕事の力量について見極めのつかない若い人たちに対して、「自信をもって」という意味でも「謙虚になりなさい」という意味でも必要な考え方だと思いますが、何年か経って昇進したり、独立したりして、責任の範囲が広くなってきたときにも常に言い聞かせるべき言葉だと思います。
posted by sumie at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20932492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。