2005年02月21日

ベンチャーでしかやりたいことがやれないという誤解

大企業だと何につけてもスピードが遅いし、いろんな組織のしがらみに気を使いながら仕事をしなくてはいけないし、だから若いうちに面白い仕事をしたければ、ベンチャー企業に行くべきである、ということがよく言われます。

が、本当にベンチャー企業に行かなくては面白い仕事ができないのでしょうか。

そんなことは、どうやらなさそうです。
仕事ができる人には、大企業でも面白い仕事がまわってきます。
外から見ている以上に、大企業のなかで、たとえば同期間でも仕事の中身や昇進や査定には差が出ているものなのです。ただし、それが大企業すべてがそうなのではないので、それがどの企業かというのは、しっかり見極める必要はあります。

そんなことを以前から考えていたのですが、Entrepreneurshipを探る旅に非常に良いことばが書かれていたので、引用させてもらいます。

ホンモノを知り、切磋琢磨し続けるということ。そのためには、何が本質かをしっかりと見抜き、お互いを尊重しながら、意見を交わしていくことが必要である。(途中略)人が育ち、事業が発展するには、そんな環境が必要なのだろう。

誤解があるといけないのですが、私はベンチャーが良くない、と言っているわけではありません。それがベンチャーであれ、大企業であれ、それなりの環境があれば必ず得られるものはあるし、積極的にかかわっていこうという強い意志を持つことが何より大事だと思います。

規模の大小を判断基準におくのではなく、どんな人々と仕事ができるのかを見てほしいと思います。


posted by sumie at 00:52| Comment(3) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました!

「規模の大小を判断基準におくのではなく、どんな人々と仕事ができるのか」というところ、まさにおっしゃるとおりですね。
Posted by yoshinoriueda at 2005年02月21日 12:19
はじめまして。
あまりに同感と思い、コメント書かせていただきました。
キャリア形成において決定的に重要なのは、一緒に仕事をする人達との人間関係だと、私も強く思います。
そしてそれは、与えられるものではなく自分から主体的に作っていくものですよね。
Posted by akirajima at 2005年02月24日 20:32
お返事遅くなりました、ごめんなさい。

yoshinoriuedaさん
いつもブログを楽しみに拝見しております。
こちらにコメントしていただけて嬉しいです。
書いていらっしゃることのなかで参考になることも多いので、これからもよろしくおねがいします。

akirajimaさん
ブログ拝見しました。コンサルタントやっていらっしゃるんですね。コンサルタントだと社内とクライアントと両方の環境でさまざまな経験ができるでしょうから、「人が大事」という思いを強くされるかもしれませんねぇ。。。
Posted by maximiliana at 2005年03月01日 07:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。