2005年02月10日

大事なのは、愛。

気持ちだ気合だと、精神論を言い始めたのかと思われるかもしれませんが、大事なことなのでお許しください。

で、タイトルの「大事なのは、愛」です。
これはつまり、私のような仕事をしている人にとって大事なものなのです。
ご相談にのっている方に対しての愛があれば、書類上、経験やスキル面では不足しているかも、と思っても、企業にご推薦できる、と自信をもって言えたりします。

で、愛、って何なんでしょう?

それは、相手の良いところを見つけよう、認めよう、とする行為の源泉となるものです。

企業の面接はその求人にふさわしいたったひとりを見つけようとするために、減点主義での評価をするケースがあります。キャリアコンサルタントも、企業のニーズに応えようと思えば、減点主義になることは、あります。でも、それだけだったら、結局、経験がばっちりな人を探すまでずっと人材のサーチを続けなければなりません。でもそれができるなら、それに専念するのもありかもしれません。

ただ、完璧な人間ってそんなにいらっしゃいませんし、したがってどうしても限界があります。

だから愛の出番です。

人間必ず良いところはあるし、仕事では何かの実績を残しています。
(逆に悪いところもあるし、失敗もあります。)
良いところを、実績を探そうとすること、それができるかできないかで随分と差が出てきます。

良いところを見つけ、自信をもってそれを誰かに伝えることができれば、道は開けてくると思います。
愛によって、自分のなかの許容量を増やしているから、おたおたしないということかもしれません。

・・・なんてことを、最近、考えています。


posted by sumie at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。