2006年03月26日

自分を変えるのは自分

ダメな自分を救う本―人生を劇的に変えるアファメーション・テクニック」という本を読みました。最近話題の「コールドリーディング」の本も出されている石井裕之さんが書いた本です。

これは参考になるところがけっこうあります。

自分のことをダメな人間だ、と思っているということは、「ダメな自分のままではいけない」と思えるからこそ。だから自分を変える力になる。

自分がどうなりたいかということを書き出したら、それに向かって少しずつ歩む。また、実現したらこんなことをしたいということを、今すぐやってみる。そうすることによって潜在意識に働きかける。などなど。

ぼんやりと「こうなったらいいのに」と思うことは、誰でもあると思うのですが、それを実現に向かわせるための行動、考え方のトレーニングみたいなものと言ったらいいでしょうか。

実際、人間は今のままでありたくはない、変わりたい、と考えても、実際にはなかなか動かないものだと思うのです。昨日と同じ自分の行動でいたらラクだからです。10年経ってもそのままでいいのであれば、別にいいのでしょうが(変わることで失うものもあると本書にも書かれています)、何か失うものがあっても変わりたいなら踏み出すべき。ふむふむ。全体を通して書かれていることでの気づきもありますし、小さなテクニックで使えるものもあります。
posted by sumie at 23:24| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね。そして自分を
信じるしかないなって思います。
Posted by yuki at 2006年03月27日 01:38
私は、自分自身を知る、ことで、
同じ「ダメな自分」でも、
ポジティブに「ダメな自分」と思えるようになりました。
Posted by kokoro at 2006年03月27日 18:49
色々メールでもアドバイスをいただきありがとうございました。

変わる事は不安な事でもあり、なかなか踏み出せません。が、自分が変わりたくなくても周りが変わってしまい、変わらざるを得ない状態にもなる。
(人生何があるか分かりません。)
その時に、自分がどういう風に考えていくか、変わっていくか、というのが重要ですよね。
Posted by south at 2006年03月30日 21:41
●yukiさん
自分を信じるというのがいちばん強いですよね。だれもそれを崩すことなんてできませんから。

●kokoroさん
ポジティブにダメな自分って・・・すごいですね。いくらでも良くなりそうな感じがします。

●southさん
だれでも今のまま居るのが心地良いんですよね。変わることは怖くて、でも、変わったことで何か良い体験ができると、変わってよかったなと思えるのだと思います。その一歩がなかなか難しいんです。私は「起業するなんてすごいですね」とか言われますけど、するかしないかは紙一重の差だと思います。
Posted by sumie at 2006年04月01日 19:07
先日はブログにコメントいただきましてありがとうございました。

「やるか・やらないか」だとしたら、一度きりの人生なんだから行動した方がいいのかもしれない、と最近思えるようになりました。

挫けそうになった時は知人が言った
「自分の中にある可能性を信じろ」
という言葉を思い出しています。

こちらのブログ、参考になります。
これからちょくちょく覗かせてもらいます。
宜しくお願いします。
Posted by wood at 2006年05月02日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【フォトリーディング】人生を劇的に変える方法とは?
Excerpt: 【タイトル】 ダメな自分を救う本 人生を劇的に変えるアファーメーションテクニック【著者】 石井 裕之【ページ数】 220P【読む目的】 アファーメーションについて知りたい【読んだ時間】..
Weblog: フォトリーディング@Luckyになる読書道
Tracked: 2006-09-07 01:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。