2004年12月26日

Keynoteは素晴らしい

前のエントリで「画面がとってもきれい」と書いたことでふと思い出したことがあります。

アップルコンピュータのプレゼンテーションソフトウェアで「Keynote」というものがあるのですが、これがとてもとても美しいのです。一度、これを使ったプレゼンテーションを見たことがあるのですが、その見事さに感動しました。これを見たあとにPowerPointのアニメーションを見ても、なんだか中途半端なものにしか思えなくなったものです。

ひとつひとつの画像が美しいだけでなく、フェイドインやフェイドアウト、3Dの画像切り替えなども滑らか。

この間、会社の同僚(デザイン好き)と一緒に銀座の会社に訪ねたあと、「ちょっと時間ある?」と言ってここに連れてきました。言葉で説明しても尽くせないくらいの感動を、とにかくわかってもらいたくて。

「おおそうか! iPod買いましょうよ!」という同僚を尻目に、Keynoteのデモ画面が出てくるMacを探し、「これよこれ」、と言って見せたら・・・

「おーーーーー!!!」

と同僚はひたすら感動。
そんな私たちを見て、ほかの客も「なんだなんだ?」とちらちら覗いていました。

Winじゃないから、なかなか目に触れる機会がないのがもったいないと、心から思えるソフトウェアです。さすがグラフィックに強いアップル。

一方で、技術がどんなに良くてもそれだけでは普及する要因になるわけではない現実を見せ付けられたのでした。いや、ほんとに残念です(そういう私自身がWinユーザーですからね・・・)。


posted by sumie at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。