2006年06月30日

ビジネスの根幹とは



私のバックグラウンドを知る人ならなるほどーとうなずいてくださるかもしれない本(私は神主の娘なので)。
というよりも、私は書店で平積みになったこの本を手にとって、「私以外に一体だれがこの本を買うのだろう?」と不思議に思いました。神主さんの経営なんて、興味を持つ人がいるんでしょうか。

閑話休題。この本は、文章は決して“読ませる”書き方にはなっていないのですが、それでも内容は良いと思います。さきほど発行した会社のメルマガにも掲載いたしました。

【メルマガはこのサイトの右側からお申し込みいただけます】

戦後生まれの筆者は、神社の長男として生まれたために後継者としての選択肢しか選べないことに反発を覚えた時期があります。また、仮に継いだとしても新潟市内の人口が減っていくために氏子が減って神社が成り立つのかどうかにも不安を覚えます。

それは外的要因だからどうにもならないじゃん、とあきらめないのがこの人のすごいところ。若い人の層を減らさないことが街の発展には大事、そのためには良い教育が受けられる基盤をつくらなくては、と教育産業に着手、専門学校を設立。そこでは世界の名門校と提携し、それらの学校での教育も受けられるようにします。たとえば音楽ならジュリアードというように。

そして、プロスポーツを育てることになるのですが、多くの人の、「新潟になんて無理だよ」という冷たい反応のなか、Jリーグのチームを育てるために、地元の人に無料チケットを配り、まずスタジアムに足を運んでもらうことを画策し、観戦の面白さを感じてもらい、リピーターとなってもらうという地道な努力を重ねていきます。

それらがすべて「地元新潟の発展のためにはどうしたらいいのか」ということを考えた末の決断であり実行なのです。先達がいて、それを真似したというものではありません。

しかし、「それは何のためにやるのか」「それは意味のあることなのか」を考えたときに、多くの人の反対があっても、前例がなくても、正しいと思うから前に進む、という「意思」は非常に強いものだと感じさせられるのです。

いま、自分のしている仕事は、意味あるものです、と言い切れる人が(それは仕事自体に意味があるということと、それを本人が理解しているということの2つの意味が含まれるわけですが)、世の中にどのくらいいることでしょう。この本は、そんな問いかけをしているような気がします。
posted by sumie at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

学生時代の仲間に会って

昨日(金曜日)の夜、学生時代の仲間に会いました。
私自身、大学を卒業してから15年以上経過していますから、会っている人も当然ながらその前後の時間を経過した方々ばかり。

外見は多少変わっていたりするものの、会えば当時のモードに戻って話をすることができます。名刺の肩書きはすっかり皆さん偉くなっているのですけど、こうして肩の力を抜いて話ができるのは有難いことです。

それにしても。

大学生のとき、就職活動をしていて、まさか将来こんなにお互いの所属が変わることになるとは思っていなかったものです。転職で社名が変わるのはそれは当たり前なのですが、転職していないのに所属している組織の名前が変わるなんてことは想像できなかったことです。合併、買収・・・。

そう考えると、いまこの時点で“常識”と思われることが、10年単位では変化して、“常識”ではなくなっていることが多いにありうるということですね。そういったことにとらわれすぎずに、柔軟に自分の人生やキャリアについて考えていくことができたら・・・と思います。
posted by sumie at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

育てる力

これだけ世の中のスピードが早くなり、競争が激しくなり、規制もなくなると、“優秀な”人というのが重宝されます。いわく、「主体性があり」、「コミュニケーション力にすぐれ」、「モチベーション高く」仕事ができ、「実績もだせる」人。

もちろん世の中には、誰から言われるでもなく、自らを律し、そのように仕事ができる人もいらっしゃると思います。しかも悲壮感の片鱗も漂わせないというか、むしろ嬉々としているというか。

ところが、そこまで頑張れない人も多くいます。中には取り残されていく人もいます。それってその人だけが悪いんだろうか、と私はいつも思います。

本当は、その組織に「人を育てる力」というものがあって、その人の良いところを見出し、伸ばし、しかるべき職に就ける、ということでその人の能力を最大限に発揮させることができるのが組織にとっても人にとっても幸せなことなんじゃないだろうかと。

いや、きっと「うちの会社では社員教育/研修をちゃんとやってます」とか「プロの研修会社に頼んでます」といった会社はたくさんあると思います。でも、じゃあその機能が、ひとりひとりの力を見極め、伸ばせるようにしているのかというと、そこが正直よく見えないのです。

人は「自分は世の中の役にたっている」とか「人に必要とされている」と感じることができれば、けっこう頑張れるものだと思います。それは自信になります。その一歩は周囲からは小さいように見えても、本人には急勾配の階段を上るほどのたいへんな一歩であることもあります。

その一歩を、たくさんの人が踏み出すことができれば、小さい一歩も大きい前進につながることでしょう。

そしてそれを助けることができる、育てることができる人や組織というのは、とても強いのではないかと思います。
posted by sumie at 20:10| Comment(3) | TrackBack(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いままで読まれている本をご紹介

このブログを開設してから(このブログを通じて)買われた本ってどんなものなんだろうなぁ・・・と(実に久しぶりに)確認してみました。

ベスト3を発表します。

第1位!!
これは自分でも納得の結果です。自分に自信を持てない人は多いんです。さらに自己評価が安定しない人も多いんです。そこで悩んでいる方には良い本だと思います。
自己評価の心理学―なぜあの人は自分に自信があるのか
クリストフ アンドレ フランソワ ルロール Christophe Andr´e Francois Lelord 高野 優
紀伊國屋書店 (2000/09)
売り上げランキング: 72,439


第2位!
これは1位の結果からすれば、この本が売れるのもそうなのかもしれませんね。


第3位・・・は2冊あって
失礼ながら、その売り方ではモノは売れません
林 文子
亜紀書房 (2005/07/01)
売り上げランキング: 642


と、

考えるシート
考えるシート
posted with amazlet on 06.06.10
山田 ズーニー
講談社 (2005/06/09)
売り上げランキング: 5,224


でした。

最近あまり本をご紹介できていないのですが、また時間を見つけてご紹介していけるようにしたいなぁ(希望)と思います。
posted by sumie at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

逃げられないから逃げたくなる

本屋さんで時間をつぶしていたときに手にとった斉藤茂太さんの本。タイトルもよく覚えていないのだけど、そのなかに「逃げたい、と思うのは、それが逃げられないことだというのを自分がわかっているから」といった内容のこと(正確ではないかもしれません)が書かれていて、なるほどー・・・と感心しました。

逃げられないから逃げたくなる。
むしろ、自分では逃げるべきではないと思っている心の裏返しなのかもしれませんね。

私など、今まで生きてきたなかで、何度逃げたいと思ってきたことか。逃げたい理由はいくらでも説明できますが、振り返ってみると、その気持ちの反対側に、「本当は逃げたくない」という思いも持っていたような気がします。

これから逃げたいと思ったときは、自分に「ほんとうに逃げたいの?」と問いかけてみようと思います。
posted by sumie at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。