2006年05月29日

自分のキャリアはいつから考えるべきなのか

人材系ビジネス(人材紹介や人材開発、教育など)に関わっている人と話をすると、必ずこの話題にたどり着きます。
「本来、人はいったいいつから自分のキャリアについて考えるべきなんだろうね?」

社会人になってからでは遅いよね。
というより、大学3年で就職活動だ、と言い出してからでは遅いよね。
じゃあ高校生? それとも中学生? もっと前で小学生?
・・・それについては答えが出ていません。

考えるべきポイントとしては、「そもそも世の中にどんな仕事が存在するのかを知る」ということと「自分の資質をいつからどう高めていくのかを考える」ということがあるでしょう。

まず前者について。少しでも理解を深める手段として、たとえば今秋オープンするアミューズメント施設「キッザニア」がありますが、ここに出ているアクティビティを見ても、普段から見たこと・聞いたことのある仕事(つまり個人対象のビジネス)が中心になっているため、「正しく」世の中の仕事を理解することになるとは言い切れません。

では法人対象のビジネスを子供のときに見せて理解できるのか、というと、そもそも興味を持てない可能性があり、効果があるとは言い切れないのかもしれません。

後者については、本人が意識するしないにかかわらず、自営業の家で育つと、お金に対する感覚、商売に対する感覚が先んじている人が多いように見受けられます。でも、「生まれ育つ環境」は自分で選択できるものではありません。自営業でないところに生まれた人は、どうしたら商売に対する感覚が育てられるのでしょう。そしてそれはいつから手がけていくべきなのでしょう。

私のなかでまだ答えが出ていない大きな課題です。
いつか必ず自分なりの回答を出したいと思っています。
posted by sumie at 00:58| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

正しく商売をする

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501)

佐々木俊尚氏の「グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書」を読みました。
キーワード広告アドワーズによって非常にニッチな市場を対象とする駐車場経営者や福井のメッキ工場の話が出ていて、あらためてグーグルの創り出した力のすごさを感じました。ウェブサイトに広告を出し、ニーズのある人に届けば商売に効果があるという理屈を知ったとしても、そのインフラがなければ意味がない。グーグルはそれを可能にした、ということです。

そして、その力のおかげで、「正しくビジネスに向き合う」ことができるようになった人/会社が出てきたということに感動しました。余計な時間や余計なお金を使わずにターゲットとする顧客にメッセージが届くようになったおかげで、本当に自分の提供するものを必要としているお客様の方向を向き、その人たちのために何をしたらいいかについて考えるようになる。

仕組みが進化したおかげで本来の商売の姿にたどり着く。
「グーグル」には、駐車場経営者夫妻の話としてこうあります。

  「旅行代理店のおこぼれをもらうんじゃなくて、自分でキーワード広告を使って一生懸命顧客を
  開拓するようになって、考え方がすごく変わった」と言う。「最初はお客さんの送迎も人任せに
  していたんだけど、コミュニケーションを大事にしなければだめだということが分かってきた。・・・」

お客様のことを真剣に考えることができる、正しく商売をすることができるって幸せじゃないでしょうか。本を読みながらそう考えました。
posted by sumie at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

今このときはいつまでもつづかない

コピーライターHRというブログをいつもチェックしているのですが、先日の「最終回はいつだった?」という記事が、いつまでも心のなかでリフレインしています。

なにげない日常が、何の節目もなく
最終回を迎えていたことに、後になって気づくことがある。
そうですよね。そのときは、この人と過ごすのがそれで最後になるなんてことは思わないでとりとめもない話をしていて、でも、あとから「あ、ということはこの間が最後だったんだ・・・」と気づくことがある、ということですね。

一生のうちで人との出会いってどのくらいあるのでしょうか。仮に一日平均で3人の人に会う×20日×12ヶ月で720人/年としても、そのなかでお互いにきちんと存在を認識し、何かあると「どうしたのかな」と気になるというのは何分の一かに減るでしょう。

一応は心に留める存在であるのに、気づいたらもう会わなく(会えなく)なっていた・・・というのは、悲しいものですね。

人との出会い、さらに大事な人との時間の共有を、もっと大切にしようと感じた記事でした。
posted by sumie at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

うつくしい言葉

自分のことはさておき、感じたことを述べるのはとても勇気のいることなので、以下の文章、どうかご容赦ください。

きょう、さきほどの記事を書くにあたって、つらつらと英語のキャリア/人材採用系サイトを眺めていました。そこで感じたのですが、綺麗な文章・言葉というのは、良い音楽を聴いているようなものだな・・・と。

私はそれほど英語が堪能なわけではないのですが=だから直感で言えるのかもしれませんが=、良い文章は、着地すべきところにきちんとおさまっている。短すぎもせず、冗長でもなく、わかりやすい。10点満点の器械体操と言ってもいいかもしれません。

日本語でも同じことを感じます。

綺麗な日本語は聞いていて/読んでいて心地よいし、それを受けたこちら側までちゃんと話そう/書こうという気になる。

で、綺麗な言葉って何かというと、端的に言えば「一度聞いて意味がわかる」ということでしょうか。とても主観的な表現になりますが、「ただしい言葉」+「ロジカルライティング」ということですね。

だから自分への反省もこめて(大いに)、綺麗な言葉を使おうと思います。
posted by sumie at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

面接で聞かれる可能性のある100の質問集

面接に臨むにあたっては、いきなり何も準備しないで行く方はいらっしゃらないとは思いますが、ただその会社のことや求人内容を調べるだけでなく、できれば面接で聞かれる想定問答を考えておけたらいいのに・・・と思う方は多いでしょう。とくに人前で緊張しがちな方は用意しておくにこしたことはありません。

いろんな想定問答が各種求人サイト等に載っていますが、米大手求人サイトMonster.comのコラム“100 Potential Interview Questions”が、さすがに100問も掲載されているだけあって圧巻です。ご興味のある方は原文にあたっていただければと思いますが、その中からいくつかご紹介します。

最初の
1.ご自身についてお話しください。
2.あなたの長所は何ですか?
3.弱点は何ですか?
は、基本。それにつづく、
6.なぜこの仕事を希望されるのですか?
7.5年後のご自身のキャリアはどのようになっていたらいいとお考えですか?
8.今までのなかでもっとも誇れる成果について教えてください。
とあわせてご自身の回答を用意しておくと良いですね。

この会社・業界・求人についてどの程度調べたか、理解しているのかに関する質問として出てくるのが、
31.なぜあなたを採用すべきなのでしょうか。
45.この業界についてご存知のことをお話しください。
46.当社についてご存知のことをお話しください。
です。面接に臨むまで限られた時間のなかですから、パーフェクトな答えを期待されているわけではないものの、何も答えられないというのは困ります。

また、自分の将来について聞かれることも。
  23.あなたの生涯の夢は何ですか?
  24.最終的にはどうなりたいですか?
  55.あなた個人のミッションステートメントを教えてください。
・・・55番は日本では聞かれないかもしれませんね。

面接という緊張を強いられる環境でありながらちょっと意地悪な質問をされることもあります。
  69.私(面接官)があなたの上司だったとします。
  あなたがやりたくないということをするように指示を出したとしたら、あなたはどうしますか?

また「ビル・ゲイツの面接試験」のような質問は、思考プロセスを見たい面接のときには出てきます。
  58.この鉛筆を売ってみてください。
  88.はかりを使わずに飛行機の重さを量るにはどうしたらいいでしょうか。
  100.鉛筆の利用方法で「書く」以外のものを10個挙げてください。

なお、それぞれ、この手のものにありがちな「回答例」は載っていません。これはご自身でお考えください、ということですね。
posted by sumie at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用・労働関連記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。