2006年04月29日

人材採用活動にPodcastが使われるようになる?

podcastって日本でも人材採用活動に利用されているケースってあるんでしょうか。あるいは今後、広まっていく可能性はあるのでしょうか。

The Wall Street Journal OnlineのPodcasts Extend Recruiters' Reachには、そんな事例がとりあげられています。

戦略コンサルティングファームのベイン(Bain & Co.)がインド経営大学の学生の採用活動をpodcastを使って行ったという話です。内容は20分の番組。実は同社でのインドでの最初のオフィスが7月に開設される(リサーチセンターはすでに2004年に開設されていますが、本格的なオフィスとしては今回が最初)そうで、そのためにインドの優秀な学生を採用する必要があるのですね。

その中で、同校の卒業生でベインロンドンオフィス勤務の女性が面接に臨むにあたってのアドバイスを、ケースインタビュー対策つきでコメントしてくれているそうです。

20分の番組というのはそこそこの長さがあると思います。そこで同社の宣伝と卒業生のコメントを入れる。作り方にもよるでしょうが、親近感をもたせるには良いのかもしれませんね。

この記事では「podcastでは潜在的転職者に対して、その企業のことを知らせることが可能だ」と述べていますが、実際のところ、どのように告知するかというのが鍵であるように思います。

またここでは述べられていませんが、こういった取り組みは最初のうちこそ数が少なくて、きちんと聞いてもらえる可能性も高いと思うのですが、段々数が増えてきて手に負えないほどになってくると、取捨選択されるわけですよね。そのときに「選ばれる」企業になるためには、単にpodcastをやってます、ではだめなわけです。

もちろん、取り組みが少ないうちだって、ただpodcastをやればいいというわけではなく、中身が魅力あるものであるようにしなくてはならないのは当然のこと。新しいツールが出てくるのは一見良さそうに思いますが、その対策を考える必要が出てくるので、決して朗報とは言い切れません。

なお、この記事にとりあげられている事例では、結局ベインは10名の学生を採用できたそうです。
posted by sumie at 20:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 雇用・労働関連記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

Googleで1位

Googleで「キャリアコンサルタント」を検索すると、1位にこのブログが表示されているのでした。。。
あーびっくりした。
記念にコピーしておきます。

careerconsultant.bmp
posted by sumie at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

学歴と給料

雑誌「PRESIDENT」の最新号の特集は、「学歴と給料」。分かってはいるけど手にとってしまうタイトルです。

役員になっている人を多く輩出している大学であれば、あとあとその人脈でおもしろい仕事ができる可能性が高まるかもしれないし、そもそもそういった視点で大学を選んでいるのだとすれば、学生時代から意識が違うだろうから、学びのなかに得られるものも多いかもしれない。

それだけのことだと思うのですよね。

同じ大学を出ていても、同じ人生を歩むわけではないし、そもそも人数の多い大学と少ない大学とを一緒に論じているのも無理があるし。

あまりこんなことにとらわれずに仕事をするほうが良いと思いますね。

学歴だけでなく、職歴に関しても、それに“依存”しているうちは、幸せな人生は送れないでしょう。大事なのはどこにいようと「自分は何ができるのか・何をしたいのか」を理解して歩むことなんです。どんな学校を出ていようと、どんな会社に勤めていようと、組織がどうにかしてくれるわけではない。それはあなたを保障してくれるものではないし、なんでもできる打ち出の小槌でもないのです。
posted by sumie at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雇用・労働関連記事から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合からのお誘い

週末、東京を離れていたのですが、その間に連合(日本労働組合総連合会)から、「サラリーマン増税についてのブロガー懇談会」へのお誘いをいただいておりました。

なんで私のところに!?と思ったものの、きっとこういうのはあの人たちのところにも・・・と思って、ガ島さんちょうさんのブログを見てみるとやっぱりありました。
「そうだよね、やっぱりそうだよね」・・・と思いつつ、日程を見てみると、残念ながら仕事が重なっていて行けません。。。

私自身はすでにサラリーマンではありませんが、サラリーマンの皆さんのご相談にのっている立場ですし、また、こんな機会は滅多にないでしょうから、行ってみたかったですね。
posted by sumie at 14:09| Comment(0) | TrackBack(3) | 世の中の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

景気は拡大している

ヨミウリ・オンラインから。
 2002年2月から始まった現在の景気拡大期は、4月も拡大が続いて期間が4年3か月となり、バブル景気(1986年12月〜91年2月)と並ぶ戦後2番目の長さになることがほぼ確実となった。
ただ、02〜04年度の国内総生産(GDP)の実質成長率は平均で1・7%で、11〜12%の高成長が続いたいざなぎ景気や、5%前後の成長となったバブル景気に比べて成長率は低い。
ということで、じっくりじわじわながら景気が良い状況は続いているみたいです。

そういえば日経新聞の1−3月期の産業天気図予測でも雨は建設・セメントだけでしたしね。

大学から社会人となるときに異様なバブル景気を経験した立場からすると、あれが異常なのであって、むしろ今の筋肉質な景気のほうが好景気のあり方としてはまともであるように思います。

だからこそ・・・といいますか、人材採用に関して言えば、あのときのようにとにかく次々人を採るということではなく、必要な人だけ採用するという状況であるわけで、そこは採用支援の立場としては認識しておかないといけないなと思います。
posted by sumie at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。