2005年07月31日

だめなときはどこまでも

昨晩の阪神の試合、ひさびさに悲惨な試合でした。
内容が悲惨だから、ファンもあきれ返っていました。
試合後半、相手ヤクルトの攻撃で古田が出てきたときに、ヤクルトファンと一緒になって「フルタ、フルタ」と応援したり、自チームには野次をとばしたり。。。この自暴自棄な感じが、いかにも阪神ファンです。

だめだめな阪神がだめなときにどこまでだめになるかを見ることのできた久しぶりの試合でした。今日は高校野球前の最後の甲子園。がんばってほしいものです。
posted by sumie at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

いろんな人に会う

今週はいろんな方と食事に行った週でした。

水曜日:ママさん編集者のぶらぶら日記のgowestさんとランチ。
gowestさん記事にしていただいてありがとうございました。
木曜日:仕事がらみでお付き合いのある方と。
金曜日:てくてくにっきのブリュレさんと。
今日はご飯じゃなくてお茶でしたが、また別の方と。

来週もいろんな予定が入っています。

===

それにしても、水・木・金と続けて女性だったのは珍しいことで、私としてはちょっと嬉しいことでした。30代も後半だと、段々働く同性の友人が少なくなってきて、自然と異性の知り合いの割合が増えてくるのですが、男性には男性の良さ、女性には女性の良さがあって、どちらも大事にしたいなぁと思うものです。
posted by sumie at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

新しい人とのコミュニケーション

なんて大層なタイトルつけましたが。。。

普段やりとりしていない人、以前、名刺交換を一度だけしたくらいの関係の人と、あるきっかけで頻繁に連絡をとるようになった。しかもそれはおちゃらけな話ではなく、ある程度あらたまったやりとりをすることになったとしたら。

私がまさにそのような状態にあるわけですが、「今まで同じ情報を共有していない人に、わかりやすくお願いごとをする」とか「わかりやすく伝達する」というのは、けっこう難しいものだと感じました。

こっちは当たり前だと思っていることでも、あえてそれを疑ってみるとか、依頼文を書いたら、一回深呼吸してから読み直してみるとか、要は、「私はこの情報を今はまだまったく知らない」ふりをしてみて、それでもわかる文章になっているか、と思うことが大事ですね。

で・・・

せっかくですからこの話、キャリアコンサルタント的に展開しますと、これは「職務経歴書」を書くときにも言えることなのですね。

社内では常識であっても、あるいは業界内では常識であっても、それ以外の人にはさっぱり通じない言葉を使っていないか、あるいは描写が不足していないか。冗長なのはいけませんが、伝わらないのもいけません。相手はあなたのことをまったく知らないわけですから。

・まったくその会社/業界のことを知らない人にもわかりやすいか
・内輪でしか通じない言葉を使っていないか
・具体的な仕事のイメージがある程度は伝わるか

提出前に、もう一度読み直してみる必要がありますね。
posted by sumie at 07:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ブログ資本主義

最新の「週刊東洋経済」で「ブログ資本主義〜U30への世代ワープがはじまる!」と特集が組まれています。

大きなテーマとしてはU30(アンダー30歳)世代が引っ張っている、という話で、冒頭が「はてな」社内の写真、そしてU30の旗手として
・はてな近藤社長
・グリー田中社長、山岸副社長
・イー・マーキュリー笠原社長
・フォートラベル津田社長
・ペーパーボーイ家入社長
・ドリコム内藤社長
の名前が挙げられています。
このあたりは上原さんの近江商人JINBLOG とりあげられていた面々とほぼ一緒で、衆目の一致するところなのでしょうね。

以前参加した梅田望夫さんの座談会では、この世代以降が「リクナビで就活をするのがデフォルトになった」世代であり、インターネットを使うのは当たり前となった世代であると聞いた覚えがあります。メーリングリストで意見を出す人がコミュニティをリードするんだと、私がニフティサーブを使いながら感じたように、U30世代はインターネットを使いながらその伝達スピードの速さや双方向性の面白さを感じ、使いこなしていったのでしょう。

ちなみにこの特集、あとは「ブログとは」「韓流ブログ」「ビジネスブログ」で構成されています。
※ここにインフォテリアの平野社長が出てきます。ひょっとしたらこのエントリはそのことなのかと思いますが・・・。

たぶんこのブログを読んでくださっている方々には、この東洋経済の特集自体は目新しさはないかなと思います。が、「週刊東洋経済」に「ブログはU30がひっぱっている」と特集され、「表紙がはてな近藤社長」ということで、いよいよ『ブログって無視していられないのね』と世の中のビジネスパーソンに認知させる役割はあるのかと。
posted by sumie at 13:49| Comment(5) | TrackBack(5) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

So-netブログ更新しています

キャリアコンサルタントのひとりごとコラム、更新しました。よろしければこちらもご覧ください。
posted by sumie at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

成功本の役割

たまに、いわゆる成功本と言われる種類の本を読みます。

昨日もこの本を読んだのですが・・・
「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!
著者のブライアン・トレーシーさんは「カエルを食べてしまえ」や「頭がいい人、悪い人の仕事術」を出されて知られていますが、高校中退後に仕事に就き、30代になってから大学入学、その後MBA取得、現在は経営コンサルタントをされている方。いかにもアメリカンドリームを体現しているような方です。

このとおりにすれば絶対成功する、というわけでもないでしょうに、読むのはなぜ? と考えたのですが、「読みやすい」「自分に都合の良いところを中心に読むので元気が出る」から読むのだと思うに至り、『でもこれって何かと一緒だ・・・』と感じたのです。

そう、占いです。

成功本は、占いよりももっと現実の生活に近いので、そうかなるほど!と発見があったり、元気が出たりするのでしょうね。

成功本に限らず、自分にとって元気が出る何か(言葉でも音楽でも映画でも何でもいいと思います)を持つことは、私は良いことだと思います。人間は常に元気でいられるわけではありませんしね。

ちなみに上掲の本、結局「夢のリスト」って何だったんだろう? と感じたのですが、原題の「Create Your Own Future」の本だと思って読むと、ふむふむなるほどと思うところがある本でした。
posted by sumie at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンプレート変更

またちょっと気分を変えたくなってテンプレートを変更しました。
・・・と思って、昨日、グレイと青のトーンのものにしたのですが、いまひとつしっくりこなくて再度本日変更。白をベースにしました。
で、こっちのほうが落ち着きますので当面これでいくことにします。書くのにも気分をのせたいですからね。
posted by sumie at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

Eビジネス研究所、これからのスケジュール

Eビジネス研究所、次回以降のスケジュールが以下のように決まっております。

いずれの会も
受付 18:30 〜
セミナー 19:00 〜20:30
懇親パーティー 20:40 〜22:00
となっていて、講師と直接お話しできるし、参加者の皆さんとの交流ができる会です。
場所は泉岳寺の首都圏コンピュータ技術者協同組合です。

たぶん私も毎回参加すると思いますので、お時間の都合のつく方、ぜひお越しください。
参加費はおひとり6,000円です。お申し込みはhttp://www.e-labo.net/から。

第56回
日時 : 8月5日(金)
テーマ :
『検索エンジンのこれからを未来検索に見る』
〜未来検索を踏み台にして検索エンジンの在り方を見上げる〜
スピーカー:
株式会社ライブドア
ネットメディア事業本部 ネットメディア事業部 サーチグループ
西田 光良 氏

第57回
日時 :8月26日(金)
テーマ :
 『個人データベースを活用したマーケティング技術』
〜200万人会員データベースを活用した
エルゴ・ブレインズの目指すネット時代のマーケティング実態報告〜
スピーカー:
株式会社エルゴ・ブレインズ
取締役 最高執行責任者 COO 竹之内 崇 氏

第58回
日時 : 9月9日(金)
テーマ :
 『楽天創業の秘話と、楽天市場成功までの軌跡』(仮)
〜インターネット超勝ち組企業が描く、次なる戦略とは〜
スピーカー:
楽天株式会社 取締役 EC事業カンパニー執行役員
楽天ブックス株式会社 代表取締役社長 杉原 章朗 氏  

第60回
日時 : 10月6日(木)
テーマ :
『インターネット時代におけるPR術』(仮)
〜ネット社会において如何にお金をかけずに情報を伝播させるか〜
スピーカー :
株式会社ニューズ・ツー・ユー
代表取締役 神原 弥奈子 氏
posted by sumie at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心身ともに健康であること

サイバーエージェントの藤田社長が、ご自身のブログで離婚を発表されましたね。
事の経緯よりも、私が気になったのは、藤田さんが書いているブログの内容が、最近暗めのトーンのものが多いなぁということです。

なにしろ、「離婚」の前の記事が「トラブル」で、大事なクライアントに謝りにいった記事。その前が「ゴーイング・コンサーン」ですが、
聞かれて困る質問のひとつ。/「何歳まで社長をやるんですか?」/考えたこともないし、あと何十年もやると思うと、/それを考えただけで辛くなる。
と。
さらに6つ前の記事にはアメブロのリニューアルでのお詫び記事が。

離婚の話が出たから余計にそう感じるのかもしれませんが、あらら、随分お疲れのご様子ですね、と思います。

社長に限らず、誰でも心身が健康でなくては仕事も全力投球することは難しいものだと思います。プライベートにせよ何にせよ、気にかかることがあると、目の前のことに集中できないすしね。まして社長の立場ともなれば、自分ひとりではなく、会社を背負っていくのですから、社長に元気でいてもらわなくては社員は不安になるでしょう(・・・社長も人間なわけですしつらいときもあるでしょうから、その分大変ですよね)。

何をするにもまずは健康でありたいですね。
posted by sumie at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

世の中のトレンドを追いかけるサイト

人って何に関心や興味があって、どんな行動を起こしているのでしょう?
世の中、なにが流行っているのでしょう?

誰しも自分の興味のあることは追いかけるけど(私でいえば阪神タイガースですね)、それ以外のことはけっこう知らなかったりします。
(まあそもそもそんな時間もないし)

でも何が流行っているか、ざっと頭にはいれておきたい、今度、話に出るかもしれないし、と思うこともありますよね。

そんなときに使うと便利な(かもしれない)サイトで「ベストヒット.jp!!」というものがあります。

種明かしすると、私の知人が運営しているサイトなのですが(^-^)、1日10ジャンル以上の流行りモノチェックをしてくれているので、なかなか便利です。野球、ゴルフ、映画、DVD、ゲーム、コミック、書籍、音楽、株、などなど、今まで興味のなかった分野まで「へーそんなことがあるんだ」と参考になるものも見つかるかもしれません。

私自身、最初は知人がやっているからと半ば義務的に?見ていたのですが、いまでは毎日サイトの更新をたのしみにしています。ご覧になった方のご意見も歓迎しているそうなので、一度ぜひサイトをお訪ねください。


ベストヒット.jp!!
http://best-hit.jp/
posted by sumie at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事を探すならまずネットワーキングから

CareerJournal.comから"If You Want a New Position, Start Networking Now"という記事。

どんなデータに基づいているか分かりませんが、USでは、新しい求人のうち5〜10%しか求人広告やインターネットに掲載されないのだそうです。だから、ネットワーキングすることがとても重要と。

それにネットワーキングはいつでもどこでも出来るものであり、一番大事なことは、笑顔と親しみやすさということです。
それ以外のポイントとして、次の5項目が挙げられています。

Know what you're looking for.
(自分が何を求めているか知ること)
自分の能力や目標を簡潔に話すこと。それがネットワーキングするなかでも強い印象を残します。

Be assertive.
(はっきりと自己主張すること)
なんでネットワーキングしているかといったら、自分の目標に向かっていくため、キャリアアップのため。だから自信をもった態度で振舞いなさい。

Curb the desperation and start listening.
(やけくそになるのを抑え、助言に耳を傾けなさい)
仕事探しはストレスのかかるもの。仕事がないですか、と聞く代わりに助言を聞きなさい。人間は自分のことはしゃべりたがるものだから、それを利用して、その人の経歴やプロとしての選択について聞けばいいのです。

Your most valuable tools.
(あなたにとってもっとも価値あるツール)
最新のレジメと名刺があれば、情報を得やすくなります。新しく人に会って名刺交換をしたら、お礼の電話やメールをして、どんなに楽しい時間を過ごしたかを伝えましょう。そうすることで相手の記憶にのこります。

Stick with it.
(あきらめない)
ネットワーキングをして、短期的な成果がでなくてもがっかりしないこと。いちばん良いネットワーキングは長期間にわたってプラスになるもの。がっかりする代わりに、新しいやり方や新しい場所を探したほうが良いです。
ということで、いちいちそうだそうだと思うことばかり挙げられています。2番目の項目は、やりすぎるといやらしくなりますから、日本ではほどほどにしたほうが良いでしょうけど。

転職が当たり前になってきて、より一層、ネットワーキングは大事な役割を果たすものと思います。
posted by sumie at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

愛される記憶

ちいさい頃に、親からたっぷりの愛情を注がれたかどうか、というのは結構重要だとあらためて感じます。心理学では十分研究されているテーマだと思いますが、私の日頃の仕事のなかで、「ひょっとして、この方はご両親に厳しく育てられたのではないか」と想像したりすることもあります。

以前書いた「自己評価が低い」というのも、このあたりが原因になっているケースもあります。

だから、今、お子さんを育てていらっしゃる方は、どうか、お子さんを毎日愛してください。「思い出」として残っていなくても、愛された記憶というのは心の奥深くに残るものだと思います。

愛情を受けた人は、他人に愛情を返しているとも、私は思います。

・・・ということを考えた今日でした。


※受けた愛情が少ない人が他人に愛情を注げないと言っているわけではありません。悪しからず。
posted by sumie at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IMRJシンポジウムに参加しました

火曜日、IMRJ(インタラクティブ・マーケティング&リサーチ研究会)のシンポジウムに参加してきました。

三連休明けの平日午後で一瞬どうしようか迷ったのですが、Joi ItoさんやGREEの田中さんが基調講演を務められるとあっては、これは聴かずにはいられないでしょう! と行ってきたわけです。

Joiさんは相変わらずedgeな人なんだなぁ。あと、GREEはたびたび書いていますがファンなので、とにかくあそこからもっと面白いことが出来てくるといいなと思います(で、もちろんいろいろ田中社長はやりたいことがあるみたいです)。

Joiさんの話はざっくりと以下のような感じでした。続きを読む
posted by sumie at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月17日

商売とはなにか

三連休のちょうど真ん中なのに、仕事がらみでどうしても会いたい人がいて外出。ついでに渋谷の啓文堂書店に。そこでたまたま見つけたのがこの本。

ひらがなで考える商い (上)ひらがなで考える商い (下)

イトーヨーカ堂の伊藤雅俊さんがいままで著した何冊かの本を再編集したものだそうです。このなかで繰り返し言われているのが「商人は誠実であれ」、「高い志をもて」ということ。
経営に対する考え方はいろいろあるでしょうが、私はその企業が世の中の役に立つ、永続性を持つ、成長性があることが必要ではないかと思っています。この三つの条件を満たすために、「志」を持った経営であることがどうしても必要なのです。
こういった表現が連綿とつづきます。

わかりやすい言葉で商売の心構えを説く本です。


−−−−−−−−−−−−−−−−
ところで徳力さん、啓文堂書店では平積みでしたよ。

P2P_book.jpg
posted by sumie at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブックバトン

こういうものにのせられやすい私なもので、いただいたバトンは有難く受けとめます。ブリュレ55さんありがとうございます。

1.持っている本の数(書籍)
amazonを見てみたら、323冊になってました。
で、本屋さんで買う本とか、amazonを利用する前に買っていた本もあるので、買った本は500冊くらいなのかな。

でも、実は会社の後輩に譲ってしまったり、「もう読まない」と思って捨てた本もあるので、『持っている』本は400〜450の間でしょうか(数えたことがないからわかりません)。

2.読みかけの本(あるいは読もうと思っている本)
読みかけです。
パーソナルブランディング 最強のビジネスツール「自分ブランド」を作り出す

3.最後に買った本(既読・未読を問わない)
読みました。どうしても買いたかったわけではないのですが、活字中毒症状で、どうしてもなにか手にとりたくて買ってしまいました。感想は・・・うーん。微妙。
〈育てる経営〉の戦略―ポスト成果主義への道

4.特別な思い入れのある本
あれ、聞いちゃいますか。このブログへの登場、3回目ですよ。
ほんとにこの本にどれだけ勇気付けられたことか。
全力投球―我が選んだ道に悔いはなし

5.次に回す人5人(まで)
ちょっと思いつかないのでやめておきます。書きたい方がもしいらっしゃったらご連絡(もしくはコメント)くださいませ。
posted by sumie at 14:55| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伸びしろのある人

ブリュレ55さんの「伸びしろ」を読んで。

その人に伸びしろがあるかどうかをどう判断するかといったら、性格とか物事に取り組む姿勢とかじゃないかなと思います。素直な人は、先入観をもたずに人の意見を聞くところが成長のもととなるでしょう。ただ、素直だったらいいかといったらそうではなくて、ちゃんと自分のものとして消化することができないと、他人の意見に左右されすぎになってしまう。また逆説的ですが、負けん気が強いというのも大事だと思います。この記事の冒頭に出てきた芸能界の話などは特にそうで、周りが勝気な人ばかりの世界ですから、自分がなんとしても生き残るんだといった生命力の強い人こそ、つらい仕事でもやり抜いていくでしょう。

いずれにしても、これで成功しようとか、これだけは成し遂げようという強い思いは必要ではないかと思います。

それと、個人的には、伸びしろに年齢は関係ないと思います。
もちろん若いときのほうがもともと持っているものが少ない分、伸びが大きく見えますし、目立つでしょうけど、年をとったら伸びないかというとそんなことはありません。

むしろ、年齢が若くても自分の考えとかやり方に凝り固まっている人のほうが伸びません。

私は社会人になってまだそれほど経っていない頃、今の自分くらいの年齢の人を見て、もう完成された人みたいに思ってみていました。が、実際いま自分が自分を見ていて、確かに若い人に比べて経験が多かったり知識が多かったりする面もありますが、知らないことだっていっぱいあるし、新しい世界を知ったり、それにtryしていくことがなんと面白いことかとわくわくします(そうだ、新しいことへのチャレンジをおそれない気持ちも、伸びしろにつながりますね)。

・・・と、考えたわけです。

ブリュレ55さん、次に「ブックバトン」書きますからねー。ちょっと待っててください。
posted by sumie at 14:37| Comment(0) | TrackBack(1) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野茂、戦力外通告をうける

野茂は球団の公式ホームページに「キャンプから一緒に行動してきたチームを離れるのはとても残念」とコメントを発表すると同時に、AP通信に対し「日本でプレーする気はない。大リーグの他球団からの申し込みを待つ」と答えている。(スポーツナビより)
ということですが、では、そのTampa Bayのサイトでは:
"I'm very sad, because I have been with this team since Spring Training," Nomo said through an interpreter. "I'm not happy about leaving this team."
"I want to keep playing in the Majors, so I'm going to wait for a call," Nomo said. "I understand why they made the move."
He added that he was not considering returning to Japan. If he does get picked up by another club, it will be the seventh team Nomo has pitched for in his career.
と、確かにそう書いてあります。
パイオニアとしてここまで頑張ってきて、日米通算200勝も成し遂げた野茂投手。私はあの職人肌がとても好きです。

過去の成績がどうあろうと、また人物的に良い人であろうと、いまチームに貢献しているのでなければ必要とされない。というか、そのポジションに代わる人がいくらでもいるメジャーの、ごく当然の現実がまた示されたというだけの話ではあるのですが、個人的には、メジャーで続けてもらえたらなぁと願っています。
posted by sumie at 11:08| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに貯金20

阪神タイガース、ついに貯金が20になりました。
8月のロードをいかに乗り越えるかがいつもの課題なのですが(一昨年の優勝のときも、あれだけ星野監督が気をつけようとされていたにもかかわらず、ロードでは負けましたし)、それでも、いまのタイガースの雰囲気が良いので、どうにかなるんじゃないかと淡い期待を抱きます。

また甲子園の、あの黄色い群れのなかで応援したい!!
posted by sumie at 10:54| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

ニクラウス、メジャー引退

nicklaus.jpg

ジャック・ニクラウスってまだ現役だったんですね。
どのホールでも、最後の雄姿を見ようとギャラリーが鈴なりになった。何度も歓声に手を上げて応えたが、勝負師の心は以前のまま。「17番のボギーで予選通過が不可能だと悟るまで、自分はゴルファーだった」とプライドをのぞかせた。(スポーツナビ)
ちいさい頃は、ゴルフ選手といえばニクラウス、というイメージがあって(スケート選手といえばジャネット・リン、みたいなものでしょうか・・・古いなぁ)、私にとっては歴史そのものの存在です。

ここまで目立たなくてもいいから、最後まで自分の思うところを突き進んでいきたいものだと思います。
posted by sumie at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

良い本の見つけ方

割と頻繁に本を買うので、買うのを決めるポイントが身に染み付いている。あくまで我流ですが。。。

1.題名
ひとことで筆者の言いたいことが伝わってくるかどうか
2.目次
冗長でなく、簡略すぎず。ここからさらに読もうと思うかどうか
3.まえがき & あとがき
筆者の本音、この本に賭ける思い、フィーリングが私(読者)と合致するかどうか
4.装丁
「イケテル」本は装丁もいい

あまり中身は読まないのですが、上記チェックポイントをクリアするとたいていぱらっとめくってみるものだし、その「ぱらっ」の数ページの間に「おぉ」と思わせるひとことなんかが入っていたりしたらもう、文句なしにレジへ、となります。
逆に上記ポイントをクリアしなければページを繰ることもありません。

これらはほんとに主観的なものなので、数をある程度こなしておかないと自分のなかの基準はつくられないですね。
(実はここ数日、これ、という本に出合えなくてやや不満です。)

ところで、この記事を書くために「装丁」とぐぐってみたら、世の中には「装丁ファン」が存在するのですね。私はそこまではいきませんが、でも、ちょっと気持ちはわかるような。
posted by sumie at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。