2005年04月29日

JRの尼崎の事故に関して

悲しいし、ひどすぎる。
この事故で亡くなった方々のご冥福をお祈り申しあげます。

ところでこの事故に関しては、海外ではここまでのダイヤの運行の正確さを求める日本だからこそ、というとりあげ方をされている様子。

27日付ニューヨーク・タイムズは1面で「日本の事故、定時への強迫観念が元凶か」との見出しを掲げた。記事は、電車が約1分半遅れていた点について、日本以外ではおそらく、定時運行とみなされるだろう」との見方を示した。
(ヨミウリオンライン)
とか、
フランクフルター・アルゲマイネ紙は、事故を起こした列車が直前の伊丹駅で停止位置を直したための「90秒の遅れ」が、日本では異常と見なされると指摘し、その遅れを取り戻すために速度を上げたのが事故の一因、との見方を紹介した。
(同上)
と書かれています。

実際、私も毎日通勤電車に乗っていて不思議に思うのが、「この電車は(ダイヤよりも)5分遅れております」等というアナウンス。だいたい、2〜3分とかせいぜい5分くらい待てばやってくる電車で、ダイヤどおりではないということを一体何人の人が気にするでしょう。気にするとすれば、「ダイヤどおりかどうか」ではなくて「駅間の所要時間」くらいです。「あー事故っちゃったのかー、じゃあいつもより10分くらい長く(目的駅に着くのが)かかるのか」といった程度でしょう(もちろんそれでも仕事にものすごく支障のでる場合はイライラする人もいるでしょうが)。

「その程度」と言ってしまうと身も蓋もないかもしれませんが、
また、同社(JR西日本=筆者注)は02年から定時運転確保のため、日常的に遅れがちな列車を対象に1秒単位で遅れなどを報告させる取り組みを年5回実施。
(asahi.com)
なんてことが行なわれていたと聞くと、同じ日本人といえど、それはさすがにいきすぎでしょう、と思うのです。

そこで思い出すのが、先日の座談会で出ていた話で、「日本は仕事のうえで、どうにかして工夫しよう、良くしようとするものである」ということです。ひとにぎりの優秀な人材が決定をくだし、それをその他大勢の人がただ遂行する(それぞれの現場での工夫はなされない)という米国とは違い、日本は「どうにかできないか」(プロジェクトXのような話ですね)とするものだと。そこには、終身雇用が基本にあり、同じ職場、同じ環境のなかで同じ仕事をし続けていたらそういった取り組みが出てこざるをえないのでしょうね。

JRのなかで起きていた取り組みが、普段の私たちの生活を支えていたものではあっても、そこで働く人に過度の負担をもしも強いていたとしたら、そこまでして私たちは生き急ぐ必要があるんだろうか? と考え直す必要があるでしょう。
posted by sumie at 15:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 世の中の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

アシタハレノヒ再開

私にとっては「再会」と書いたほうがいいような感覚に近いです。
うれしいなぁ。お待ちしてました。

アシタハレノヒ 〜あしたはあたしの株が噴く〜
http://blog.livedoor.jp/ashitaharenohi/
posted by sumie at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい出会いを作り続けること

その昔、そうほんとうに昔。学生の頃の話。
新聞記者になりたいと思っていたことがある。
ちいさい頃から正義感が強かったのと、中学生の頃は歴史や地理は興味がもてなかったのに、公民を習うようになってから社会科がむちゃくちゃ面白く、急に成績が良くなった、というくらい時事問題が好きで、そんな興味の方向性からいえば記者かな、と安易に目指してしまったわけです。

それで記念受験して木っ端微塵に終われば、「ああそんなこともあったなぁ」で済んだのでしょうが、これも妙な縁で、大学のクラスメートに、ご尊父が某大新聞の記者でいらっしゃる、という人がいて、受験対策に作文を見てくれるというので毎週その新聞社に通っていた時期があるのです。

その方には実にいろんなことを学びました。

良い日本語、美しい日本語とはなにか。
良い文章とはどういうものか。

毎回、お題をだされてそれについて書いて持っていったのですが、たかだか学生の分際で、いっぱしの評論家きどりの文章なんか書いた日には、めった切りされたものです。
実際に経験したものに裏打ちされていて、かつ、表現にわかりやすさと独自性があり、できればリズム感のある文章であること。

そういえばこんなことも言われたな。
  いくら普及している言葉でも「生きざま」なんて言葉を使ってはいけません。
  ざま、というのは「死にざま」で使うものであって、ひどい、というニュアンスがある。
そう言われてから、私は一度も生きざまという言葉を使っていません。

その経験はまことに得がたい経験であったし、加えて、私が社会人となるにあたって、言葉の使い方だけではなく、仕事って結局なによ、という根幹をなすものについてもぼんやりとではあるけど考え始めることができた貴重な機会でありました。

もちろん東京だからそういう機会に恵まれているともいえるでしょう。
でも、だからこそ新しい人に出会おうと努めなければならないのです。
知っている人、とくに気のあう人や好きな人に囲まれているのは、心地よいけど成長を止めます。知らない人と出会い、ときには自分の弱い部分をさらし、情けない自分を知り、それでも相対していくなかでこそ、人間としての自分の成長が得られるのです。
posted by sumie at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

古田会長2000本安打、おめでとうございます!

ヤクルト・古田選手、ついに2000本安打を達成しました。
おめでとうございます!!

昨年あれだけフィールド外の仕事で苦労されながら、記録をつくってこられたことに、尊敬の念を抱かずにはいられません。

そして記念ボールにサインしたあと、それをファンに向かって投げ入れる潔さ。

素敵すぎます。
posted by sumie at 07:27| Comment(0) | TrackBack(7) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

MRさんの勉強会に参加しました

今月は勉強会とか交流会とか満載の月です。

昨日は会社の主催のセミナー・交流会で司会をしたあと、MRの方の勉強会(MBA=メディカルブレーンアソシエイト=交流会)に参加してきました。
これは以前阪本塾のパーティーでご一緒させてもらった池上さんが開いている会で、昨日は、(これも阪本塾つながりの)松尾順さんが「マーケティングと心理学」について講演をされました。
※ちなみにあのプレゼン方法は「高橋メソッド」でしたね。NDO:Weblogで読んでいたのに、私も名前がどうしても思い浮かびませんでした。。。

あらためて昨日の講演、思い返してみると、普段の仕事に生かせそうなネタがいっぱいでした。心理学を活かせば、クレームになりそうなことも楽しみに転換できたりするんですねー。

後半の交流会ではMRさんだけでなく、来年4月に就職する大学院の学生さんともご挨拶。胃がんの研究をしている医科歯科の院生さんとか、がんの薬の研究をしている理科大の院生さんとか。普段なかなかお話しできない方々なので、とても刺激になりました。

池上さんどうもありがとうございました。
posted by sumie at 13:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人を探しています

先の川田さんのエントリで書き忘れました。

DeNAさん、人材募集をしています。
http://www.dena.ne.jp/recruit/index.html

ITとビジネス、どっちかではなくてどっちも、という方が欲しいそうです。


求人といえば、これも以前のエントリでとりあげたデジタルフォレストさんが、アクセス10倍会議担当者を募集しています。
http://www.digitalforest.jp/pv10/2005/04/post_e087.html
posted by sumie at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

DeNA川田さんのセミナーでした

昨日はEビジネス研究会で、DeNAのCOO・川田さんのセミナーがありました。

ビッダーズ立ち上げの裏話・・・というよりも、ほとんど「起業するためには」セミナーに近いといってもいいくらい、事細かに起業にあたってのポイントを説明してくださった会でした。システムをつくりこんでいくフェーズから営業中心のフェーズにシフトしていかなくてはいけないのに、そこがしっくりいかないということが起きがちだけど、DeNAさんではシステムをひっぱった川田さんが営業部長に異動したりして、システム部隊に無理なお願いをしなくてはならない場面も乗り切った話など、順調にみえる会社でも、へえ、そんな苦労があったんですねえ、と参考になりました。

懇親会でももちろんお話しさせていただきました。
(木村さんにみんなの前で「南場さんの後輩」と紹介されたのはちょっと恥ずかしかったですが・・・)

それと!
私にとってはニュースなんですが、らむねさんと名刺交換!しました。
なんと、同年齢でかつタイガースファンということを知り、きゃあきゃあ喜んでしまいました。。。

ということで、非常に充実した時間を過ごしたのでした。
posted by sumie at 07:36| Comment(0) | TrackBack(4) | e-biz/web/blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

梅田望夫さんにお会いしました

FPNの企画で梅田望夫さん(アメリカから帰国している貴重な期間!)の座談会に参加してまいりました。
内容は、





もうあれもこれもオフレコだらけで・・・書けません。
(というか、正確にどこからどこまでがオフレコなのかわからなくなってしまったんです。)

でも、さすが、はてなの取締役に就任された梅田さん、さりげなくはてなの良さをアピールしていらっしゃったので、その場のみんながはてなのファンになったのではないかと思います。私も実は非公開のはてなダイアリーやはてなアンテナのユーザーでもあったのですが、ブックマークはもっと利用しようと思いました。

それと・・・。

賛否両論あるとは思いますが、私は「仕事で自己実現」を図ろうとする日本は悪くないなぁと(もともとそう思っていますが)、昨日の座談会に参加しながらあらためて思いました。
posted by sumie at 07:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

ふと思うこと

好きでこの仕事を選んだから、それで悩んでいるというわけではないのですが、走っている合間のふとした拍子に、それで良いんだろうか??? と、ふとギモンに思うことがあるんですね。

でも、田舎でのんびり暮らすのは、(それが数日でなくずっとというのは)耐えられないのもよくわかっています。

とはいえ、こんな考え方をしているのは疲れている証拠なので、少し休みをとったほうが良いのです。身体は正直ですから。身体と心が健康でなくては、仕事をしていてもはかどりませんし面白くありません。アクセル踏みすぎて壊れてしまわないように、「あれ?」と思ったら休息をとらなくては。

そろそろ沖縄かなー?
posted by sumie at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

浅井のホームラン!

この際、試合の結果はあきらめましょう。あれだけ打線がつながらなかったら仕方ありません。

それよりも浅井選手のホームラン。
星野さんが監督だった頃には、ベンチでいつも星野さんの隣に座り、相手球団のピッチャーの動きなどを直々にレクチャーを受けていた、あの浅井選手。よくぞこの少ない機会を活かし、ホームランを打ってくれました! えらい!!

チャンスをものにするというのは見習わなくてはなりません。
posted by sumie at 20:05| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

美容院の多い街に考える

私の住んでいる街には美容院が多い。同じビルの1Fと2Fに美容院(違う店という意味です)、その隣にも美容院、道を隔てて隣も美容院、その向かい側も美容院・・・。ここは表参道でも原宿でもないんですけど、こんなにつくって大丈夫なの、というくらいに多いのです。もとはそこまで多くはなかったのですが、5年くらい前からこんなに増えたように思います。

どこもそこそこ繁盛しているのですが、1店だけ気になる店があります。
そこは昔から営業している店で、数年前に改築もしています。なんとかコンクールで入賞もされています。腕は確かなのでしょう。しかし、なんというか、入りづらい雰囲気があります。実際、今朝通りがかったときに見ても近隣店がすでに何人もお客様がはいっているのに、その店はひとりしかいません。

美容院は、そこに行った人がすっきりと綺麗に変身することを期待して行くものですから、まず「入りやすい雰囲気」というのは大事です。そして、その雰囲気の期待値にそう、もしくはそれ以上の結果が出てくるかどうか。

美容院は、使ってみた結果はその人のその後の毎日に密接にかかわるものでありますから、使ってみてだめだったときの乗り換えも起きやすい。前述の昔からあるお店は、おそらく近隣店が増えて客が減ったと思っているのではないでしょうか。しかし、ほんとうにお客様に支持されていれば、近隣にお店ができようとも乗り換えはおきないはずです。

ちなみに、この近くには予備校もたくさん出来ています。少子化なのにどうするのだろう?と興味津々です。これはまた美容院とは違った差別化が必要なビジネスですね。
posted by sumie at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 世の中の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春だし天気が良いし

外にでかけたい!  人に会いたい!
という気持ちがうずうずうずうずしまして、とにかく外で人に会うとかクライアント企業にお邪魔するアポとりに力がはいります。電話で用が済んでしまったりすると悲しくて。

やはり、「事件は会議室で起きているんじゃない」((C)踊る大捜査線)ように、人が仕事を探すとか企業が人を探すとか、っていうのはパソコンの画面のなかで起きているものではないのです。勘違いしがちなんですが。コンピュータ、WEBはあくまでツール。人と人が会わなくては。
それに私の仕事としても、それらのマッチングの「現場」を知るのは大事なこと。面接に同席したりすると、理解も思いいれも深くなるし、隠れたニーズも引き出せたりします。


でもですね。


出かけてばかりいると、オフィスで処理しなくてはならない仕事が、どんどん成長する雪だるまのように増えていっているんですね。(ああもうそんなに勝手に転がらなくていいからと言いたいくらい。)溜息ついても仕方ないので、大きく深呼吸して集中モードをつくってこなしていくのです。

それらはすべて、幸せな人をひとりでも増やすことのために。

頑張るぞー。
posted by sumie at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

仕事はたのしくチャレンジ〜引き続きPV10倍BLOGから

ベンチャー企業に見られるケースとして、肩に力が入りまくって悲壮感たっぷりに頑張っている人たちの集団であったり、とにかく自分の成績をだすことを優先させ、周囲になんと思われようが関係ない、数字がすべて、みたいな「そこのけそこのけお馬が通る」集団だったりが、あります。

「だってベンチャーなんだもの」

という言い訳をかかげ、だから多少雰囲気悪くっても仕方ないじゃない、業績上げなくちゃいけないんだから、という企業が少なからずあるのです。

でもそうではないんです。

たのしく仕事をして、たのしい気持ちのまま高い目標に挑戦することだってあるのです。実際、このブログに書かれているのはそれそのものです。

傍から見ている限り、これはほんとうだと感じます。

それにたのしくチャレンジする、というのは、社内のほかの人と比較して頑張るというのではなく、あくまで自分の成長にチャレンジするという意味でしょう。昨日の自分より今日の自分、さらに明日の自分、とどんどん成長していけるかどうかにチャレンジしている。メジャーリーグのイチロー選手みたいですね。彼も他の人と比べるのでなく、あくまで自分に(それにはマスメディアなどがつくった「イチロー像」も含まれますが)挑戦しています。

そしてその結果、社会により大きく貢献していることにつながっていくはずです。
posted by sumie at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3ヶ月でPVを10倍にする!?プロジェクト

このブログにも以前お名前がでているデジタルフォレストの猪塚さんが、面白い取り組みをされています。その名も「PV10倍会議BLOG」

さすがWEBマーケティングソリューション「Visionalist」のデジタルフォレストさんらしい!

猪塚さんと手嶋さんに日頃からたいへんお世話になっている私としては、協力しないわけにはまいりません(というか、さっきからどの記事にTBしようかと動きまわっているので、これで10PV以上はカウントされているはず。いやVisionalistで動きはお見通しですね。恥ずかしいなぁ。。。)。

いや、私が協力するというよりも、便乗させてもらっているというほうが正確な表現なのかもしれません。。。
posted by sumie at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

若年層の高失業率は問題視しなくても良いことなのか

以前にもご紹介したJMM(Japan Mail Media、村上龍氏主宰)の最新号は、「若年層はバブルの後始末の犠牲者か?」というテーマでした。

犠牲という言葉をここに用いるのが正しいのか、とか、若年層はそもそも失業率が高いものである、といった論が展開されていて、それらの視点はなるほどなぁと考えさせられるものであったのですが、さて、そもそもなぜ若年層が仕事に就こうとしていないのでしょう?

1)やりたい仕事が見つからない
これはよく聞きます。
やりたい仕事が見つからないには意味が2つあります。1つは「自分の興味があることはわかっているけど、それを仕事にするのはむずかしい、もしくは仕事としてやっていきたいことではないなど実現する可能性が低い」という意味。もう1つは「そもそも自分がなにをやりたいかがわからない」という意味。
どちらの話を聞いても、傷つきたくない自分をもっているのを感じますし、それを生み出してしまった日本の問題を感じます。仮に最初の就職で失敗してしまったとしても(あるいは2回目以降で失敗したとしても)、日本の社会は、あまりそれを許容してきませんでした。いまだにその傾向は少なくありません。
一度や二度の失敗を受け入れられないという現実を目にしていたら、それが「働く」という、人生のなかで大きな部分を占めるファクターである以上、及び腰になる人が出てくるのは当然かと思います。

さらに、就職活動において、わずかな時間での意思決定を求められるということも、やりたい仕事を決められない要素のひとつとして挙げられるでしょう。そもそも、大学3年生になって突然具体的に考えろといわれて、そんな簡単に決められるものでは所詮ないはずなのです。働くということについて、もっと小さいときからずっと考えるような環境作りが必要です。

2)苦労しても報われない社会
・・・という厭世観が広まっているのも問題なのでしょう。
どうせ日本は借金が多いし。年金は破綻するといっているし。人口が減って国の勢いは弱まるだろうし。
将来にむかって、明るい希望が広がっていかない要素がたくさん言われすぎで、かつ、それをどうにか改善しようという動きもまだ弱いです。

3)仕事に就こうと思っても・・・
需要と供給のマッチングがうまく行なわれない。1に関連するかもしれませんが、インフラとしてまだまだ十分ではないのではないかと思います。学校もハローワークも人材紹介エージェントも、物理的にまだまだどうにかできる面はあると私は考えています。

そんなこと言って若者を甘やかすな、という論もあるのですが、ここで放っておいて、それが5年とか10年経ち、その蓄積が日本の社会に及ぼす影響を考えると・・・やはり怖いです。やれることはやりたいと思います。
posted by sumie at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

人とぶつかることをおそれない

先週来、身体がなんとなくだるいというか全体的にむくんでいるような感じがあって(といっても医学的なむくみ症状はないんですけど)、なんとかしたいなぁと。なにしろ明日は出張で片道3時間ほど電車に乗らなくてはいけないかと思うと若干憂鬱です。どなたかこの身体全体のだるさ感をとる方法をご存知の方、教えてください m(_ _)m

さて、本題です。

組織のなかで、人とぶつかることをおそれてはなりません。
喧嘩を売る必要はないですけれども。

表面的に仲良くし、表面的に平穏に過ごすことを良しとして、その人には言いたいことを直接言わず、裏で文句を言ったり、組織の長に苦情を申し立てる。正直、そういう組織は伸びません。問題点は何ら解決されないまま、感情のねじれだけが発達していくからです。

でも、自分が傷つきたくないから、相手とぶつかることをおそれる人は増えているように感じます。大家族が減ってきたこと、子供が減ってきたことが、この傾向に拍車をかけるのではないかと懸念しています。ちいさいときから自分の言いたいことを言ってみて相手と喧嘩になって、どのような距離感で相手に向かえばいいのか、ということを身体でつかむ。このコミュニケーションは、そんな訓練から得られるものと思うのです。

さらに、そのようなまずい空気にならないように、マネジメントが気をつける必要もあります。メンバーのだれかが何か言ってきても、組織としてどのように臨むのか、自分たちはどこを目指すのか、それを皆が納得できるような形で浸透させていかなくてはならないでしょう。

人はそれぞれ感情や考えをもって生きていますから、意見の相違は出てきて当然。

相手の言うことをきちんと受けとめられる組織にこそ、良いものが生まれてくると思います。
posted by sumie at 15:39| Comment(1) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業という選択肢 その2

「起業」がキャリアの選択肢として考えられることが、昔に比べればより現実的になってきています。

会社で一生勤め上げようにも、その会社が永遠に存続するとは限らないですし、また起業を考える人に対しては一円起業の制度や起業ノウハウを伝える仕組みがあったりします。実際に私が日頃ご相談にのっているなかでも、いまフリーランスで仕事をされている方や、転職活動をしたけれど結局独立することにしました、という方もいらっしゃいます。

昨日(4月9日)、とあるセミナーで須賀さん(須賀等さん)のお話を聞いてきました。
須賀さんは以前三井物産にいらした方で、いまは丸の内起業塾の塾長を務め、起業志望者の支援をされておられます。

その話のなかに出てきたのは、
・これから自分のビジネスにしようと思う事業に深い思い入れがあって、かつ、まだそこにきちんと力をいれている人がいない、開拓の余地があるものであれば差がつけられる
・自分が支援するのは、ビジョンややっていることなど、この人ならやっていくだろうと思わせる何かがある人
・事業が軌道にのると会社の成長はものすごいスピードになるが、そこで問題になるのが人の採用。とくに管理職以上、経営にかかわる人に良い人が採用できるかどうかがポイント
などといったことでした。

「ビジネスプラン、もちろん大事ですよ。でも結局最後重要なのは人です」・・・・・・はい、私もそう思います。人です。働く人ひとりひとりが差をつけるんです。

起業という選択肢をえらぶにしても、そこで自分が頑張れるか、どんな人を集めていくことができるか。いや、やってみないとわからない面ももちろんあるのですが、真剣に考えるべき課題です。
posted by sumie at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

祝! 阪神単独首位

そんなにないことかもしれないので、この機を逃さず書いておきます。
勝って首位ではなく、引き分けで首位。
阪神、おめでとう!!
posted by sumie at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

願はくは・・・

「願はくは 花の下にて 春死なむ この如月の望月のころ」

そんな西行法師の歌が、これぞまさにと思わせるような桜吹雪の今日でした。
アークヒルズにお昼を買いにいったとき、あちらこちらから桜が惜しげもなく舞います。
桜の下にはもう若葉が芽吹いています。

ずっと愛でていたいのに、残酷なくらいに綺麗に散っていく桜。

そのようにして、また来年、きっと今年のように花を咲かせてくれるのでしょう。

最高の姿を見せて。
盛りが終われば未練をもたずに去っていく(いつまでも同じ地位に汲々としない)。
人間もかくあるべしと、桜を見るたびに思います。
posted by sumie at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古田会長、今季初ヒット

そんな書きかたされたくないかもしれませんが。

でもうれしかったです。

試合が終わってからの「古田コール」にも「ありがたいことや」といってファンに挨拶する姿。さすが古田会長。素敵です。
これからもご活躍をお祈りしております!



(・・・やはりシーズンが始まると野球ネタが増えてしまいますねえ。。。)
posted by sumie at 07:27| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。