2004年11月30日

メトロなくまに萌え。

metro_sep

えっとえっと、私としては駅でこのポスターを見るたびに萌え〜なわけなんですが。
かわいいと思いません?
きっと首都圏の方は知っている、東京メトロのマナーポスターです。
ちなみに今月(11月)は白いくまさんが電車のなかで化粧をしている図です。
私のいちばんお気に入りは、この9月のポスターで、これ、よく読めないかもしれないけど、くまの持っている新聞の記事に、「クマップ、コンサートで15万人(15万くま?)集客」なんて内容が書いてあったりするんです。
来月もたのしみ〜♪
posted by sumie at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | my favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月28日

10年後に何をしていますか

5年後、10年後の自分の姿を描いてみてください・・・と、人材紹介会社で言われたこと、ありませんか?
私は自分自身が10年後どうなっているかなんてわからないので、そんな話をしたことはないのです。
将来、やりたいことが決まっているのですか?  とか、  もともとどんな仕事をしたいとかお考えになっていたものはあるんですか?  などとお聞きすることはありますが、10年後って、いや、5年後でも自分がどうなっているかなんて、考えるのは難しいなぁと思います。

ジャスダックに上場している企業で、今から10年前の1994年以降に設立された会社は68社あります。中には、すでに上場している会社の子会社で、まっさらのところから設立するのとは条件が違うケースもありますが、それにしても、1994年から今までといえば、言うまでもなく景気も思わしくない時期を経ているわけです。新卒の就職活動も、氷河期に入っていました。1997年なんて、山一証券や北海道拓殖銀行が破綻してもいます。普通に考えたら、そんな景気の良くないときに会社を興してどうする?と言われそうなときです。でもたとえばそんな1997年に、楽天が設立され、テンポスバスターズが設立され、エキサイトが設立されている。

それらの企業の創業者が、10年経ったら(あるいは10年も経たないうちに)自分の会社の株を人様に取引してもらうくらいの規模になっているだろう、と考えたでしょうか。
※ジャスダックの上場基準はこちら。

だから思うのですが、10年後って、思い切り大きな目標をたててしまっても良いのではないでしょうか。

来年だったら無理だけど、3年後でも無理だろうけど、10年後なんてわからない。

さて、10年後、何をしていますか?
posted by sumie at 02:01| Comment(2) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

後輩はあなたを見ています

30代後半以上のサラリーマンの皆さんへ(注・私も含む)。
いま、仕事がたのしいですか?
生き生きと仕事をしていますか?
これと誇れる何かがありますか?
もしYesと答えられなかったら、今日からすぐに探してくださいね。
職場の後輩は、あなたの姿を見ています。
このままこの会社にいて5年後はあんな感じか・・・とか、10年後でもあんなものか・・・とか。これだけ競争が激しくなり、会社が安泰ではなくなってきているので、このまま今の仕事続けていたらやばいな、と思って、転職活動をこっそり始めるのです。

かつて20代だった頃、みんなそう感じていた時期があったはず。

野球選手が監督を見ていて、選手が「おっしゃ!このチームでがんばるぞ」とか「あんなふうになりたい」と思えるか、ということです。

そんな超デキル人に突然変化しなくても、生き生きしているかどうかは誰でもわかります。


・・・なんてことを、今日、20代男性のご相談を受けながら考えていました。
posted by sumie at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誕生日と名前で占う私の性格

カバラ数秘術といって、生年月日と名前(ローマ字)で判断する占いがあるのでやってみました。
内容は・・・どうでしょうか?
すくなくとも芸術方面に向くというのは間違ってますねえ。
まったくそちらの才能はありませんから。
あとはまあ、良いところだけ「そうだそうだ」と考えておくということでしょうか。
以下が私の結果です。

カバラ誕生数(自分の本当の性格と現世での使命を解読する)
◆あなたの誕生日
1966年 11月 23日生まれ 38歳
◆あなたの誕生数
11 (霊界と現界を結ぶ魔術師)
◆長所
有能、卓越した才能、豊かな霊感、理想主義、目的達成への強い意志
◆短所
非現実的、神経過敏、不安定、内面的苦悩、自己中心
◆備考
独立心と意志力に富んでいる。

--------------------------------------------

カバラ姓名数(他人に与える印象を知り隠れた才能を発掘する)
◆あなたの名前
******

◆あなたの姓名数
2
◆あなたの印象
おとなしいが親切である。創作の才能がある。絵画など芸術方面に向く。

--------------------------------------------

あなたの2つの願望
◆外面的願望(子音数 7)
価値のあるものを創造したい、精神的愛を広めたい
◆内面的願望(母音数 22)
尊敬されたい、何か大きなことをやりとげたい

--------------------------------------------

簡易性格判断
◆名前の最初の子音
S(リーダーの才能がある。野心家で創造性豊か)
◆名前の最初の母音
U(柔和でやさしい。粘り強い忍耐力がある)

--------------------------------------------

性格や能力の傾向
◆右脳型(直観的)か左脳型(論理的)か
4 : 8 -- 左脳型
◆行動型か思索型か
7 : 5 -- やや行動型
◆熱中型か分散型か
6 : 6 -- どちらともいえない
posted by sumie at 10:45| Comment(0) | TrackBack(2) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野球好きブロガーはどこにいるのか

ichikenさんのブログで地図を制作中です。
私もいれてもらいました。
このブログをご覧になっている野球好きなブロガーの方は、ぜひichikenさんに申告なさってください。
いつも拝見しているブログがどこで作られているかが視覚的にわかる、とても素晴らしい企画です。
ichikenさん、ホントにありがとうございます!

しかし、この記事を書いている11月27日午前9時50分現在、首都圏はかなりたいへんな混み具合になっています。。。
posted by sumie at 09:52| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

なぜか勇気づけられる本

最近、気のせいか、30代を中心とした女性経営者や起業家やコンサルタント等の本が増えてきているような気がします。
かつ、それらの本の共通項として、
・帯または表紙に著者の写真が(それもけっこう大きく)入っている
・著者は超スーパーできるウーマンではなくて、最初はすっごくできない人間でした、とか、こんなコンプレックスがあって、といった過去を持っている
・だけどそんな私でも今はやりたい仕事をやって楽しく生きています
といったものがあります。

うーーむ。そんなに世の中うまくいくものなんだろうか???

と思いつつも、また購入した
和田裕美「こうして私は世界No.2セールスウーマンになった」

ナマの和田さんを、あるセミナーで拝見したことがあるので、この本に書いてあるみたいにもともとは引っ込み思案で・・・というのはにわかには信じがたいのですが、それでもこの本を読んでいる限りにおいてはたいへん勇気付けられます。

この本に書いてあること、つまり和田さんの行動のベースは「素直であること」、「相手を受け入れること」、「期限のついた目標をもつこと」に集約される、ポジティブで満たされたものです。

数値目標をもって仕事をしている人は読むと元気になれると思います。
あと、起業したい人にもお勧めできます。
posted by sumie at 02:29| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペラシティのツリー

オペラシティのツリー

仕事のために初台まで来ました。
オペラシティもクリスマスのイルミネーションで彩られていました。
ツリーがきれい!!
posted by sumie at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

すでに未来は見えているから

今日(すみません、投稿したのが翌日になったので正確には昨日)、またひとつ歳を重ねました!
多分、これからも仕事をしながら社会にかかわっていくことになるんだろうなぁと思いつつ、ちょっと真面目にこれからのことを考えてみました。

私はこれから(無事に健康に過ごすという前提で)まだ20数年働く予定です。
その間、日本はどうなっていくかというのが、人口ピラミッド上で推計されています。

ここを見てください。

このあとおよそ20年後、2025年の人口ピラミッドって、50代以上がこーんなにたくさんいることになっています。少なくとも、20歳以上の人口推計は、ほとんど変わらない。変えられない。

いま、インターネットビジネスを新しく興していたり、支えていると言われる20代後半の人たちが、40代後半になっているんだけど、そのうえに、おっとこんなに人がいるじゃないの、なんてことになっています。

ていうか、50代と70代に人口の山ができているという社会というのは、どんな社会になっているのか、ある意味、想像をかきたてられるようにも思います。

そりゃあ年金制度だって破綻しているでしょうよ、という論が起きるのもむべなるかな。

いずれにしてももう、ある程度こうなるというのがわかっているわけです。

となると、日本の労働社会というか、会社のあり方、働き方、それを支える仕組み、いろんなものが変わっていかざるをえないわけです。今のままで生きながらえるはずがない。世界のなかでの日本の存在も変わっているでしょう。

だからこそ、私はキャリアコンサルタントとして、人が仕事をもちながら社会にかかわっていくことに対して、真面目に、真剣に応援していきたいと思うのです。
posted by sumie at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

福井弁と韓国語

キャリアとはなーーーんにも関係ない、ふるさとネタ。
いま日本の公共放送で冬ソナ関連番組を流しているので、「あーまたかー」と思いつつ、やっぱり感じる「韓国語のイントネーションって福井弁と似てるよねぇ」という思い。
きっと同じように感じている人いるよねえ。と思ってぐぐってみると、やっぱりありました。

高橋愛にチェ・ジウのものまねさせるのも面白い気がする。

ふくいドットコムより
なんて、福井弁を知っている人が聞いたら妙に納得するし。

ということで、「福井弁」「韓国語」でぐぐって第1位の『25歳独身女 飲んだくれ日記』さんにトラバさせていただきました。
posted by sumie at 13:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

お気に入りのブログについて

このブログの右側の「お気に入りブログ」ですが、またまた増やしました。
でも実は私のRSSリーダーにはもっと登録してあるんですよね。

ブログを始めた頃、いろんな人のブログに「お気に入り」がたくさんリストされているのを見て「すごいなー一体どうやって読んでいるんだろう」と思ったものですが、そもそも毎日毎日更新している人がそんなにたくさんいらっしゃるわけではないのと、読んでいるうちに慣れてくるし、自分のキャパシティが増えてくるので、なんてことはなくなってくるものなんですね。

興味のあるものをひたすら読んでいるのをまとめると、自分の興味・関心の方向性を見直すことができて、それもまた面白いものです。

興味・関心の方向といえば、私は本を読むのも好きなんですが(2日に1冊くらいのペースで読んでいると思います)、一度、自分がどんな本を読んでいるのかまとめたいと思っているうちにどんどん新しい本を買ってしまうのでまとめられず・・・。
会社にも家にもほんとにたくさん本があるので、手をつけられない。。。
posted by sumie at 23:37| Comment(2) | TrackBack(1) | my favorites | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻本賢人、阪神と仮契約

辻本投手が、阪神と仮契約しました。

契約金1000万円、年俸440万円での契約。
これからほんとにあわてず騒がず、しっかりと成長していってほしいです。

ところで1989年1月6日生まれ、ということは、ぎりぎり「昭和64年」生まれなんですねぇ。。。
posted by sumie at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好景気なのか?

エン・ジャパンやインテリジェンスなど、上場している人材ビジネスが公開しているIR情報からもわかるように、求人活動は活発だ。
私が今いる会社はちいさなサーチファームだが、それでも求人数が増えている。
そんな状況から見れば、景気は回復しているといえる。

なんだかんだ言われながらも、ここまで企業が足元を固めてきたことがいまの景気回復につながっているのは間違いない。
かつ、そのために無理な人員削減もしてしまったので、今後の事業展開を考えたときに、そのままの人員構成では無理があることから人材採用が必要になっているのだ。

と、求人活動だけを見れば十分に好景気だし、上場企業の決算も好調だと思うが、エコノミストの一部は今後この景気が続くとは考えにくい、来年後半からは段々と下降していくと思われる、と言う。

まあ実際どうなるのか。
私は、あまり先行きの不安感をもつ必要はないのではないかとは思う。
バブルのときの日本とはベースが違うし、まず何より、景気の動向に心理的要素が働くことはよく言われることだから。
posted by sumie at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

ひさしぶりの連絡

昨日のお昼、仕事をしている最中のこと。
携帯電話が鳴った。表示されている番号では誰だかわからない。
でもまあ、私の仕事ではそんなこと珍しいことではないから、「はい」、と言って向こうの反応を待つと、「もしもし、●●です」と・・・おぉー懐かしい! 以前、取引のあった某ベンチャー企業の幹部だった女性からの電話。

いっしょにご飯を食べに行ったこともあるのに、ある日、退職したらしい、という話を聞いたっきりで、連絡をとる方法もわからず、寂しいものだなあと思っていた。

それから半年くらい経っただろうか。

「よく電話番号おぼえてくれてましたねー」
「そうなのよ、ようやく探し出して」
「ほんとにそのあとどうしたんだろうと思ってたんですよ、嬉しいです」
というやりとりのあと、来週お会いする約束をかわした。

いろんな人に会う仕事ではあるが、ご飯を食べにいったりするくらい親しくなる方はそんなに多くはない。その方のことを親身になって考える一方で、ある程度はドライ、というか冷静な第三者的な対応も必要な仕事だし、場合によってはその人の年収や家族構成といったことまで知ることになるから、あまりに入り込みすぎるとやりづらいと思われることもあるような気がする。
(私自身はそんなにやりづらいとは思わないんですけどね。)

今度会ったらどんな話をしよう。
いや、どんな話の展開になるんだろう。
今からとても楽しみだ。
posted by sumie at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦情をビジネスにする

福井商工会議所が開催した「苦情・クレーム博覧会」
先日テレビでもとりあげられていた、わがふるさとながら面白い取り組み。

苦情をもっているユーザー(消費者)がWEBに「こんなことで困っている」と投稿する。そうすると、それを見た企業が面白いと思えばその投稿に対して投票する。
企業は、どんなクレームがあるかを見るために最初に1050円を支払う。
そのうち500円が投票権となっている仕組み。

これで生まれた商品もある。
(リンク先の地図の番号を押すと見ることが出来ます)

商売のネタ、卵は意外と身近なところからあるものだし、それを利用している人の「困った」を解決できるかどうかで、それがほかの企業との「差」「価値」となる。

でもほんと、福井商工会議所、がんばったねえ。
posted by sumie at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のふるさと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい年のために

そろそろ街頭にクリスマスのイルミネーションが現れ始めました。
今年もあと1ヶ月ほどを残すばかりです。
今年の初めに「こんなことをしよう」と思ったことを振り返り、どこまで実現できたか、あと1ヶ月でどこまでできるか、など考えてみると良いでしょう。
それが来年の目標を何にするかにつながっていくことと思います。
何より、目標は、自分が納得してたてることが大事ですから、ほんの少し、このために時間をとってみてはいかがでしょうか。

会社のメルマガに書いた文です。

昨日とか一昨日あたりから、会社の近くがどんどんクリスマスっぽくなってきています。
と思ったら、会社の入っているビルのエントランスの植木もイルミネーションに覆われていました。
アークヒルズ、カラヤン広場の滝なんて、もう!!
超ロマンチックなんですから。
シチュエーション的には、サントリーホールのコンサートが終わってホールを出てきて、ふと滝を見る彼と彼女。「綺麗だねー・・・」「うん、そうだね」とどちらからともなく言葉を交わし、そして見詰め合う・・・なーんて感じでしょうか。

そして、そのふたりを羨ましそうに見ながら職場に帰る私、なんだなあ、きっと。

いけません。
前ふりが長すぎました。

本題は、目標をたてたらそれを振り返りましょう、ということです。
で、その前に、これから1ヶ月、やれるだけのことはやってみましょう、ということです。
やれるだけやってみた、と思ったところで、本当にもうほかに手段はないか、もう一度考えてみて、もう絶対これ以上はない、もう悔いはない、もう考えつかない、というくらい頑張ってやって、その結果がどの程度だったか、それが新しい年の新しい目標をたてるために役立つのです。

だから、私もこの先1ヶ月、やれるだけやってみます。
何を? それは内緒です。
posted by sumie at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

転職はしていなくても

一昨日のニュース。
「NEC、アビームコンサルティングを買収」

経営者の思惑は別として、当然ながら起きるのが、新卒内定者の動揺や、在籍している社員の不安。まあ組織が何だろうと、淡々と仕事ができる人は良いのだが、とくに若い人たち(転職を経験したことのない人はとくに)には「この先どうなるんだ」という思いはあるだろう。

もうひとつ思い出したのだが、確か数年前、リクルートのSAP販売部隊が丸ごとアビーム(名前はまだ確か当時はデロイトトーマツコンサルティング)に移ったはず。
その人たちなど、自分は転職していないのに、リクルート→デロイトトーマツ→ブラクストン→アビーム、ときて今度はNECに買収されたということになる。

IBMに買収されたPwCコンサルティングとは異なり、アビームは買収されてもアビームとして事業を継続するし、経営陣をはじめ、体制もそのまま維持するらしいので、今回は名刺が変わることはないのかもしれないが、その人自身の意思で転職をしていないのに、履歴書には社名が複数出てくるという人が、間違いなく存在する。

日系の会社に入ったと思ったらある日外資になり、また日系になり。
そんな時代になった。
posted by sumie at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月18日

15歳の辻本、「監督になれるぐらい頑張りたい」

そういえばもう11月も中旬だものねえ。
ドラフト会議の時期なわけです。

前からどうするんだどうするんだと言われていた辻本選手。
やはり指名しました。
リンク先記事みてくださーい。
辻本くんコメントがさえてます。

「阪神で監督になれるぐらい頑張りたい」

がんばって!!
応援するよ!
あと20年とか30年先なんて、簡単には想像つかないけど、でもきっと応援するよ。
posted by sumie at 00:53| Comment(2) | TrackBack(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月17日

ミキハウス野球部がクラブチームへ

そういえば、ミキハウスの野球部がクラブチームになるというニュースをこの間見たよね、と思っていたら、こんなブログを見つけた。これ、背景が詳しい。

ミキハウスってものすごくスポーツ支援に力を入れている企業というイメージがあった(し、事実そうなんだ)けど、実はその一方で見直しもしていたのね。

プロも社会人もいろいろたいへんなんだなー。
posted by sumie at 01:59| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

この死に至った事件を未解決にしてはいけない。

起業WEBを主宰されていた戸野竜秀さんが、大阪で三人組に暴行をうけ、亡くなりました
すでに多くのブログでとりあげられていますので、ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、こちらでも掲載することでさらに少しでもご協力できればと思います。

私は、仕事の関連でこの起業WEBのBBSを使わせていただいたことがあります。
ですから、まったくの他人事とは思えません。

戸野さんは、まだ28歳でした。

お仕事が忙しく、午前2時頃になってようやく帰宅するというところでの、あまりにもいたましい事件。

「起業WEB」に詳細が記されています。

戸野さんのご冥福をお祈りしますとともに、一日も、一刻も早い犯人の逮捕を願わずにはいられません。

===============================

2004年11月18日追記

犯人逮捕。

それでも、28歳の若い命が奪われたことは、悔しくてなりません。
posted by sumie at 02:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

「しまう」という言葉の力

毎週土曜日に日テレで放映している「世界一受けたい授業」(これ、本題とはそれますが結構面白いです)で、「音象学」の黒川伊保子さんが『音が人に与える印象』がある、という話をされていた。

そう、音は影響を及ぼす。

それは前からぼんやりと感じていた。
私が気になっているのは、「しまう」という言葉。
「・・・してしまった」という表現が、私たちの使うことばに意外に多い。
しまった、という言葉はそもそもは「仕舞う」からきている。
終わる、とか、片付けるとか、清算する、とかいった意味があるが、そこから派生して「不本意にもそうなった」というニュアンスを含む。

しまっていないのにしまったと使うなかれ。

その言葉をつかったとき、その人の心にも「しまった」という『不本意』な影が落ちているから。
posted by sumie at 17:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。